FOLLOW US

今季16試合出場の山形FW瀬沼優司、横浜FCへ完全移籍「日々全力で」

横浜FC移籍が決まった瀬沼優司 [写真]=Getty Images

 モンテディオ山形に所属するFW瀬沼優司が、横浜FCへ完全移籍で加入することが決まった。26日に両クラブが発表している。

 瀬沼は1990年生まれの27歳。桐光学園高校から筑波大学を経て、2013年に清水エスパルスに加入した。2014年には栃木SCへの期限付き移籍を経験。2015年からは愛媛FC、そして昨季から山形でプレーしている。今季は明治安田生命J2リーグで16試合、天皇杯で2試合に出場。キャリア通算では明治安田生命J1リーグで14試合出場1得点、明治安田生命J2リーグで160試合出場32得点を記録している。

 移籍にあたり、瀬沼は山形に対して以下のようにコメントしている。

「このたび、モンテディオ山形から横浜FCに完全移籍することになりました。良いときも悪いときもこの1年半応援していただきありがとうございました。今回の移籍に関して、決断をするのは簡単なことではありませんでした。モンテディオ山形というクラブに対する感謝の気持ちを忘れずに、これからのサッカー人生を歩んでいこうと思います」

「シーズン途中でチームが変わり、自分自身複雑な気持ちですが、モンテディオ山形というクラブとサポーターのみなさんを応援する気持ちはこれからも変わりません。僕自身、これからも頑張っていきます。モンテディオ山形に関わる皆様の目標達成を祈っています」

 また移籍先の横浜FCに対しては、以下のようにメッセージを寄せている。

「はじめまして、モンテディオ山形から加入することになった瀬沼優司と申します。シーズン途中での加入ではありますが、横浜FCの目標達成のために自分にできることを全力でやっていきたいと思います。出身県でもある神奈川県のチームでプレーする機会を与えて頂いたことに感謝の気持ちを忘れず、日々全力で取り組んでいきたいと思います。応援よろしくおねがいします」

 なお、瀬沼の横浜FCでの背番号は「39」に決定している。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA