2018.07.20

【土屋雅史氏のJ2展望】山口vs水戸では“兄弟対決”の可能性も…山形vs新潟は、やや山形が優位と予想

前貴之(左)と前寛之(右)の“前ブラザース”は、今節の山口vs水戸においてピッチ上で相対する可能性がある [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■長らく同じチームで苦楽をともにした“前ブラザース”

 リーグ戦ここ4試合は勝利がなく、4位に後退した山口と、こちらは4戦無敗で14位までジワジワと順位を上げてきた水戸が、維新みらいふスタジアムで対峙する第24節。このゲームでは、人生初の兄弟対決を迎える可能性を有した“前ブラザース”にフィーチャーしたいと考えています。

 1993年生まれの前貴之と、1995年生まれの前寛之は、2歳違いの兄弟。札幌市で生まれ、コンサドーレ札幌のジュニアサッカースクール、U-12、U-15、U-18とまったく同じキャリアを辿って、ともにトップチーム昇格を勝ち獲ります。

 貴之のU-18時代で個人的に印象深いのは2011年12月のこと。優勝を懸けて臨んだ高円宮杯プレミアリーグEAST最終節のFC東京U-18戦。同級生の奈良竜樹や荒野拓馬、1学年下の堀米悠斗や中原彰吾など、トップチーム昇格を果たす8人がスタメンに名を連ねたゲームで、普段は左サイドバックを務めることの多かった貴之は、チームメイトの出場停止を受けて右サイドバックに入りながら、流れの中でもサイドで基点を作りつつ、プレースキッカーとしても相手ゴール前を脅かし続けます。

 そして、1-1の同点で迎えた84分。FKのスポットに立った貴之のキックは、ピンポイントで中原の頭を捉え、このゴールが決勝点。実は夏過ぎから首位をキープしながら、最終節を前に東京Vユースと入れ替わって2位に落ちていた札幌U-18でしたが、FC東京U-18相手に勝利を収めた直後、他会場の東京Vユース敗戦の報が。大逆転でのEAST制覇に大喜びする貴之を含めた札幌U-18の選手たちのことは、今でも鮮明に記憶しています。

 それから7年。貴之と寛之はそれぞれ2012年と2014年にトップチームへ昇格し、揃って2014年シーズンに期限付き移籍を経験しながらも、一貫して札幌でともにプレーしてきましたが、兄は昨シーズンに期限付き移籍で加わった山口へ、今シーズンから完全移籍。弟も水戸へと期限付きで移籍したことで、同じJ2のカテゴリーで戦う2人に、直接対決の可能性が浮上したという訳です。

 2018年シーズンが幕を開けると、「ずっと交替なしで出させてもらっているし、そういう数字の所はかなり充実感がありますけど、最近は自分の所を消されることもあるので、それ以上のパフォーマンスができているかという所では、自分に物足りなさは感じています」と話す貴之ですが、ここまでのリーグ戦では開幕からフルタイム出場を続けており、完全な主力選手としてチームを支える存在に。一方、けがで出遅れていた寛之も、第13節の徳島戦で水戸デビューを飾ると、以降はドイスボランチの一角としてレギュラーに定着。試合を追うごとに存在感を高めてきました。

リーグ戦でフルタイム出場を続け、山口の主力として活躍する貴之(左)。寛之(右)も水戸で徐々に存在感を高めている [写真]=J.LEAGUE

 実は前節の東京V戦までに警告累積が3枚だった貴之。「今までずっと一緒のチームでやってきて、初めて外に弟が出て、対戦する可能性があることは意識してきたなかで、もちろん危ない時は警告をもらうような気持ちではいましたけど、試合に負けたのは悔しいのと同時に、警告をもらわず終わったのは良かったです」と少し本音も。水戸戦に出場する条件は整ったなかで、「今まで試合に出ていますけど、また次も出られるという保証はないので、1週間準備していきたいと思います」と話すあたりに、十分な主力の自覚も窺えます。

 今回の“初対決”は父親も観戦予定。「どういう気持ちで見るんですかね?」と笑った貴之は、「もっと活躍して、もっと親孝行したいですけどね」と続けてきっぱり。「水戸戦、楽しみですね。負けたくはないですよ。危ない時は相手が弟でも削りにいくし、確かに弟はいますけど、そこばかり気にせず、けがをしないでその日を迎えたいです」と言い切った貴之と寛之の“初対決”には、是非多くの方に注目していただきたいと思います。

 そんな“前ブラザース”のトピックスも内包した一戦ですが、やや結果という意味での停滞感が出てきた山口にとって、上昇気流に乗り始めている水戸が相手とはいえ、簡単に負ける訳にはいかない所。ここは山口と“兄”がホームで意地を見せ、勝ち点3を獲得すると予想。「1」にマークします!

■筑波大学時代の同級生が、山形と新潟に分かれて火花を散らす

 前節はリーグ戦で11試合ぶりの黒星を喫した10位の山形と、同じく前節で横浜FCにホームで敗れ、5戦未勝利となった17位の新潟が激突する一戦。この90分間からは、ルーキーイヤーながら山形と新潟で出場機会を掴んでいる、筑波大学時代の同級生に注目したいと思います。

 年代別代表の常連でもあり、名古屋U-18ではエースを託されながらもトップチーム昇格は見送られた北川柊斗と、浦和ジュニアユースから市立浦和高校へ進み、3年時の高校選手権では10番を背負って、全国でゴールも記録した戸嶋祥郎。2人は2014年に名門として知られる筑波大学の門を叩きます。

 前期リーグの開幕戦からスタメンに抜擢され、フォワードの定位置を獲得した北川に対し、一般受験組の戸嶋は入学当初こそ登録メンバー入りを逃したものの、後期に入ると初めてベンチ入りしたゲームで、いきなりリーグ戦デビュー。逆に北川はベンチスタートが増えるなか、戸嶋は2試合連続ゴールを挙げるなど、チームの重要なピースとして躍動してみせます。

 2部を戦うことになった2015年と、1部に復帰してリーグ2位へと躍進し、インカレでは日本一に輝いた2016年を、ともに主力として戦い抜いた北川と戸嶋。最高学年となった2017年シーズンの筑波大は、13年ぶりとなる念願のリーグタイトルを奪い取り、戸嶋はMVPにも選出されるなど、名実ともに大学界屈指のプレーヤーに。そして北川は山形へ、戸嶋は新潟への加入を決断。Jリーガーとして、新たな道への一歩を踏み出すことになりました。

 プロの世界でも先にプレー機会を手にしたのは北川。第3節の熊本戦でJリーグデビューを飾ると、シーズン2度目のスタメンとなった第8節の愛媛戦では、豪快なシュートで初ゴールも記録。フォワードのイメージが強い北川ですが、サイドから仕掛ける左ウイングバックという新境地を開拓し、出場時間を伸ばしていきます。

 対する戸嶋はルヴァン杯で経験を積みつつも、リーグ戦では第6節の徳島戦でデビューを勝ち獲ります。以降はベンチとベンチ外を繰り返す日々が続きますが、第13節の大分戦で久々に先発出場のチャンスをもらうと、チームは負けたものの、以降は主にサイドハーフを任されながら、インサイドハーフもこなせる器用さとアグレッシブさを生かして、完全にスタメンの地位を確保しました。

筑波大学の同級生である北川(左)と戸嶋(右)。2人が所属する山形と新潟は、ともに前節黒星を喫している [写真]=J.LEAGUE

 両チームの前節を見てみると、北川がベンチスタートだった山形は、チャンスの数こそ多く創りながら、栃木のGK竹重安希彦とクロスバーに阻まれ続け、0-1で無念の黒星。戸嶋が右サイドハーフでスタメン出場した新潟も、前半こそ押し気味にゲームを進めましたが、1点が遠いまま横浜FCに0-1で敗戦。お互い連敗を避けたい一戦であることは間違いありません。

 なお、山形と新潟の前回対戦は第15節のビッグスワン。大卒ルーキーの2人が揃ってキックオフの笛をピッチ上で聞いた90分間の結果は、スコアレスドローに終わっています。今節は、そんな北川と戸嶋の再会にも期待しつつ、チームのバイオリズム的にはやや山形が優位と予想。ホームチームの勝利を意味する「1」で勝負します!

文=土屋雅史

予想難易度が高いとされるJ2は、toto当せんのカギを握る重要な要素の一つ。国内サッカー事情に精通した土屋雅史氏がJ2を徹底解剖する! 『今週のJ2(http://www.totoone.jp/j2/)』はサッカーくじtoto予想サイト『totoONE(http://www.totoone.jp/)』にて好評連載中。
※本文中の「1」はホームチーム勝利、「0」は引き分け、「2」はアウェイチーム勝利。

■明治安田生命J2リーグ第24節
2018年7月21日(土)19時キックオフ
レノファ山口FCvs水戸ホーリーホック(維新みらいふスタジアム)

■明治安田生命J2リーグ第24節
2018年7月21日(土)19時キックオフ
モンテディオ山形vsアルビレックス新潟(NDソフトスタジアム山形)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
10pt
バイエルン
9pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る