2018.07.20

「継続的にJリーグを盛り上げる」…日本代表DF槙野智章が秘める“決意”

槙野智章
ロシアW杯に出場した槙野智章 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアが閉幕し、18日から再開した明治安田生命J1リーグ。日本代表としてロシアW杯に出場した槙野智章(浦和レッズ)は試合後、数少ない国内組の一人として「Jリーグを盛り上げる」決意を語った。

 名古屋グランパスとの第16節では、槙野と遠藤航の日本代表コンビで計3得点を奪い勝利。W杯明け初戦としてはこれ以上ない展開に槙野も「出来すぎたストーリーですね」と自画自賛した。

 この試合で埼玉スタジアム2002に集まった観衆は21,250人。水曜日のナイトゲームということもあり、空席が目立つ結果になった。日本代表の躍進で日本国内における“サッカー熱”は間違いなく高まっているが、その熱がJリーグに注がれたとは言い難い。この現状に対し、槙野はこう熱弁を振るった。

「国内組では昌子源選手、山口蛍選手と僕の3人が試合に出場しました。今回選ばれていないJリーガー、ロシアW杯メンバーのJリーガーも『次は俺だ!』という気持ちをどれだけ持ったか。メディアの皆さんの力も使って、国内のJリーグもぜひとも盛り上げていければと思います」

 続けて「国内でプレーする選手たちは責任もありますし、覚悟を持ってプレーしないといけない。1試合で終わらず、継続的にJリーグを盛り上げる責任があると思っています」と自身に課された使命を語った。

 今大会の日本代表メンバー23名のうち、Jリーグでプレーする選手は槙野ら7名。さらに今週22日に開催されるJ1第17節から元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)、フェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)らが出場可能となる。

明治安田生命J1リーグ 第17節

■7月22日(日)
▼18時
ヴィッセル神戸 vs 湘南ベルマーレ
名古屋グランパス vs サンフレッチェ広島
▼18時30分
鹿島アントラーズ vs 柏レイソル
▼19時
FC東京 vs 横浜F・マリノス
サガン鳥栖 vs ベガルタ仙台
ガンバ大阪 vs 清水エスパルス
川崎フロンターレ vs V・ファーレン長崎
セレッソ大阪 vs 浦和レッズ
北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る