FOLLOW US

清水DF呉少聰、京都へ期限付き移籍「全力を尽くし努力を重ねます」

 清水エスパルスに所属するDF呉少聰(ウ・ショウ・ツォン)が、京都サンガF.C.へ期限付き移籍で加入することが決まった。11日に両クラブが発表した。契約期間は2018年7月11日から2019年1月1日までとなる。

 呉少聰は、2000年3月20日生まれの18歳。身長192cmの大型センターバックで、U-16、17、18、19中国代表にも選出されている。Jリーグでの出場経験はまだない。

 期限付き移籍にあたり、呉少聰は清水に対して以下のようにコメントしている。

「このたび、京都サンガへ期限付き移籍することになりました。エスパルスで学んだことを京都で活かして、早く試合に出られるように頑張ってきます。遠くからも応援を宜しくお願いいたします」

 そして加入する京都には以下のようにメッセージを寄せている。

京都サンガF.C.のために、全力を尽くし、常に努力を重ね、ピッチに立ち貢献したいと思います。よろしくお願いします」

 なお、現在はU-19中国代表の遠征に参加しているため、22日からチームに合流する予定となっている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA