FOLLOW US

磐田のU21代表FW小川航基、練習中に右肩関節脱臼…約6週間の離脱へ

今季のJ1では7試合に出場している小川航基 [写真]=Getty Images

 ジュビロ磐田は6日、U-21日本代表FW小川航基が右肩関節脱臼と診断されたことを発表した。同選手は5日に行われた練習中に負傷。トレーニング復帰まで6週間程度を要すると診断されている。

 小川は1997年生まれの20歳。桐光学園高校出身で、2016年に磐田へ加入した。昨年5月にはU-20日本代表の一員として臨んだFIFA U-20ワールドカップのウルグアイ代表戦で左ひざの前十字じん帯断裂、半月板損傷の大ケガ。今年4月に実戦復帰を果たし、明治安田生命J1リーグでは7試合に出場。5月にはU-21日本代表に選出され、トゥーロン国際大会に臨んだ。

 磐田は今季、明治安田生命J1リーグ第15節を終えて6勝3分け6敗の勝ち点「21」で8位。次戦は11日、天皇杯3回戦でレノファ山口FCと対戦する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA