FOLLOW US

浦和MF山田直輝、右腓骨骨折で全治約4カ月…練習中に負傷、手術実施

練習中の負傷で手術を受けた浦和MF山田直輝 [写真]=Getty Images

 浦和レッズは21日、MF山田直輝が右腓骨骨折と診断されたことを発表した。同選手は20日に行われたトレーニング中に負傷し、翌21日に手術を実施。全治は約4カ月の見込みと発表されている。

 山田は1990年生まれの27歳。浦和のジュニアユース、ユースを経て2008年にJ1デビューを果たした。同クラブで6シーズンを過ごした後、2015年に湘南ベルマーレへ期限付き移籍。3年に渡ってプレーし、昨年12月7日に浦和への復帰が発表された。今季は明治安田生命J1リーグ第15節終了時点で3試合、JリーグYBCルヴァンカップでは4試合に出場している。

 浦和は今季、明治安田生命J1リーグ第15節を終えて4勝5分け6敗の勝ち点「17」で14位。次戦は7月11日、天皇杯3回戦で松本山雅FCと対戦する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA