FOLLOW US

規約違反の湘南に制裁金600万円…プロA契約選手がスタメンに4人だけ

 Jリーグは12日、Jリーグ規約に違反した湘南ベルマーレに対しての制裁内容を発表した。

 Jリーグによると、4月18日に開催されたルヴァン杯グループステージ第4節のサガン鳥栖戦において、湘南はスタメンにプロA契約選手が4名しか選んでおらず(外国籍選手のエントリーはなし)、Jリーグ規約第42条「最強のチームによる試合参加」の補足基準を満たしていなかった。

 制裁の理由としては、過去にも他クラブにて同様の違反があった際、再三にわたり各クラブに対し注意喚起しているにも関わらず、クラブ職員による先発メンバーの基準該当の有無の確認措置を採らず、今回のような事態となったことを重くとらえたためである。

 しかし、Jリーグはルヴァン杯を若手選手の出場機会創出と捉え、2017シーズンより、21歳以下選手を1名以上先発出場させるレギュレーションを新設し、2018シーズンも継続している。その状況下、 湘南ベルマーレは、積極的に若手選手を育成すべく、本試合において21歳以下の選手3名を先発(3名を控え選手)としてベンチ入りさせたことで結果的に第42条補足基準を満たすことができなかったが、若手選手を積極起用しようとした同クラブの方針は酌量すべき事情と考えている。

 その結果、Jリーグの湘南に対する制裁内容は、けん責(始末書をとり、将来を戒める)と600万円の制裁金であると発表した。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA