2018.05.25

【ライターコラムfrom東京V】イニエスタのJリーグ入りを後押しした“親友”カルロス・マルティネスの存在

カルロス・マルティネスとイニエスタはバルサの下部組織時代からの親友 [写真]=J.LEAGUE
フリーライター。横浜Fマリノス、ジュビロ磐田の公式ライターを経て、2007年より東京ヴェルディに密着。プロ野球でも取材・執筆活動中。

 世界最高の魔法使いが日本にやってきた。

 バルセロナで公式戦675試合に出場し、57ゴール、142アシストを記録。リーガ・エスパニョーラ9回、チャンピオンズリーグ4回、スペイン国王杯6回、UEFAスーパーカップ3回、クラブワールドカップ3回、スーペルコパ7回、計32タイトルを獲得し、さらにスペイン代表としても、2010年南アフリカ・ワールドカップで決勝ゴールを決め、同国に初優勝をもたらした英雄アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸への移籍が5月24日、正式に発表された。

『バルセロナ史上最高選手』とも評される選手のプレーが、これから毎試合、Jリーグの試合で見られるようになることは、日本のサッカーファン、Jリーグ選手、サッカー関係者にとって最高に嬉しいことである。さらには、会見の席で三木谷浩史会長が話していた通り、日本サッカー界、さらには、アジアのサッカーの発展にとっても、多大なる好影響をもたらせることは間違いないだろう。誰もが、元バルサ主将のJリーグデビューの日を今から心待ちにしている。

 その中で、もう1人、このビッグニュースの動向を格別な思いで見続けてきた選手がいる。東京ヴェルディのスペイン人FWカルロス・マルティネスだ。バルセロナ出身の31歳は、幼少期にバルセロナの下部組織「ラ・マシア」に所属していた経歴を持ち、その時にイニエスタと出会い、今現在に至るまで、常にコンタクトを取り、親交を深めてきた。

 カルロス・マルティネスは、昨季途中から東京Vでプレーをしているが、日本での生活には大変満足している。だからこそ、オフ期間中にスペインに帰国した際や、その他、折に触れ、旧友との会話の中で日本の良さを口にしてきた。今回も、まだ(神戸が移籍先の)選択肢の1つだった時点で「彼に日本についての意見を求められた時は、『とても良い国で、家族と一緒に住みやすい国だ』という話はしました」と、話す。イニエスタにとって、日本で実際に生活、プレーする信頼する友人からの助言は、日本行きの後押しとなったに違いない。今回の正式決定を受け、カルロス・マルティネスも、「友人が同じ国に来るなんって、とても素晴らしいことだよ。東京と神戸だと、少し距離はありますが、例えば電話で話しをするのに時差がなくなるし、よりコンタクトが取りやすくなる。本当に嬉しい」と、友人として大歓迎した。

岐阜のスペインGKビクトルと談笑するカルロス・マルティネス。イニエスタには「日本はとても良い国」と伝えたという [写真]=J.LEAGUE

 一方、サッカー面では、以前から「日本とヨーロッパでは、サッカーが違う」と話しており、「マークについてくるDFが多く、リトリートするのが早い、チャンスを作るのが難しいリーグ」だと、カルロス・マルティネス自身は、その適応に時間を要したことを認める。だが、「彼は、レベルが違う。世界一の選手の1人だと思いますし、スペインの歴史上でもトップの選手で、誰よりも速くプレーができるし、難しいプレーを、とても簡単にしてしまう。それは、日本でも変わらないと思うし、サッカーが異なろうが、彼にとっては全く問題ないと思いますよ」と、バルサ時代と変わらぬ活躍に太鼓判を押す。

 唯一、「ハンデキャップ」だとするのが、言葉の壁だが、その点に関しても、「イニエスタは世界一の選手で、誰もが知っている。それに、人間としても素晴らしい。きっとロッカールームでも、チームメイトの方から、彼に近づいてくることになると思うよ」と、その才能と人間性で、日本でも必ずや人望を集めるだろうと保証した。

「彼が来たことで、日本にはとてもポジティブな影響が起こると思います。選手たちは、彼からピッチ内外で学べることが非常に多いと思いますし、選手だけではなく、観客の皆さんも、彼のプレーに魅了されると思います」と、カルロス・マルティネス。その本人も、2シーズン目を迎えたチームで、「ロッカールームでも快適に過ごせていますし、ピッチ上でも快適にプレーできています」と、試合を重ねるごとに手応えを深めている。もともと、J1昇格への貢献を最大目標に来日したが、イニエスタの存在が、さらにJ1へのモチベーションを高めてくれることは間違いないだろう。「もし、同じピッチで彼と戦えたら、素晴らしいね」。来季、J1の舞台で「ラ・マシア」で出会った親友同士の対決が、ぜひとも見たい。

文=上岡真里江

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る