FOLLOW US

仙台GKシュミット・ダニエル、全治約8週間の負傷離脱…右太もも肉離れ

今季は公式戦4試合に出場しているシュミット・ダニエル [写真]=Getty Images for DAZN

 ベガルタ仙台は21日、GKシュミット・ダニエルが右ハムストリングス肉離れ(右太もも裏の肉離れ)と診断されたことを発表した。同選手は前週のトレーニングにて負傷。全治約8週間を要すると診断されている。

 シュミット・ダニエルは1992年生まれの26歳。中央大学出身で、2014年に仙台へ加入した。同年4月と2015年6月からはロアッソ熊本への期限付き移籍を経験。2016年は松本山雅FCでプレーし、昨季開幕前に仙台へ復帰した。今季は明治安田生命J1リーグ第15節終了時点で3試合、JリーグYBCルヴァンカップでは1試合に出場している。

 仙台は今季、明治安田生命J1リーグ第15節を終えて6勝4分け5敗の勝ち点「22」で7位につけている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO