FOLLOW US

柏、リード守り切り名古屋に勝利! 代表選出の中村は終了間際に負傷か

試合に勝利した柏レイソル [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第15節が19日に行われ、名古屋グランパス柏レイソルが対戦した。

 名古屋グランパスはホームで柏レイソルを迎える。2018 FIFA ワールドカップ ロシアの日本代表メンバー入りを果たした中村航輔は先発出場となった。また、加藤監督就任後の初試合である。

 16分、江坂任が名古屋グランパスのディフェンスがはじいたボールにいち早く反応する。シュートはダイブするキーパーも止めることはできず、柏は先制に成功。スコアは0-1となる。

 41分、名古屋も反撃する。玉田圭司の左サイドからのクロスをジョーが蹴り込んでゴール。試合は1-1と両者譲らない展開となった。

 後半スタートのホイッスルが鳴り47分、柏はコーナーを獲得。身がからのコーナーをクリスティアーノがファーポストを目掛けて蹴ると、中山雄太のヘディングが炸裂。柏はリードを取り返し、1-2となる。

 56分、名古屋DFのバックパスに江坂が走り、追いつく。キーパーと1対1の状況となり、ゴール前で落ち着いて右側へとフィニッシュ。柏は1-3とリードを広げる。

 64分、名古屋も諦めたわけではなかった。ガブリエル・シャビエルがゴール前で玉田へパス。ボールをネットに押し込んでゴール。名古屋は今シーズン、初の日本人得点者となった。

 92分、名古屋のジョーと代表選出を果たした中村が接触。中村は空中で一回転し、頭から地面に落ちていった。担架に乗せられて運ばれそうになるも、すぐには動けない状況であった。

 試合は2-3で終了。日本代表の中村の負傷はワールドカップに響くものなのかは定かではない。

 J1リーグはワールドカップに伴い、中断期間に突入。次戦は7月18日、名古屋グランパスはアウェイで浦和レッズと対戦する。一方、本日の勝者柏レイソルは、ホームでFC東京と戦う。

【スコア】
名古屋グランパス 2-3 柏レイソル

【得点者】
0-1 16分 江坂任(柏レイソル
1-1 41分 ジョー(名古屋グランパス
1-2 47分 中山雄太(柏レイソル
1-3 56分 江坂任(柏レイソル
2-3 64分 玉田圭司(名古屋グランパス


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO