FOLLOW US

J1清水、小野澤宏時氏がアドバイザー就任…地元出身、ラグビーW杯3度出場

清水のアスレティックアドバイザーに就任した小野澤宏時氏(写真は2013年) [写真]=Getty Images

 清水エスパルスは14日、アスレティックアドバイザーに小野澤宏時氏が就任することが決まったと発表した。

 小野澤氏は1978年生まれの40歳。静岡県島田市出身のプロラグビー選手で、静岡聖光学院高校、中央大学を経て2000年からサントリー・サンゴリアス、2014年からはキヤノンイーグルスのウイングとしてプレーしている。

 清水は同氏について「抜群の運動能力と『うなぎステップ』と称される変幻自在のステップワークでDFトライの山を築く。トップリーグでのトライ数は歴代最多。2001年より日本代表入りし、キャップ数81は歴代2位で、バックスでは最多、テストマッチ55トライは世界歴代4位にランクされる世界屈指のトライゲッター。ワールドカップには3大会に出場(2003、2007、2011)。3大会連続でトライを挙げる(ウェールズ、スコットランド、ニュージーランドから)」と経歴を紹介している。

 そしてアスレティックアドバイザーの主な業務内容については以下のように説明されている。

・トップチーム、アカデミー各カテゴリーの強化および育成
・同氏の国内外におけるスポーツ関係者等の人脈を活用とした、エスパルス選手への専門的な教育
・国内外の最先端情報の提供
・メディカルおよびフィジカルスタッフとの協力により、トップチーム、アカデミー所属選手のパーソナルデータ管理およびフィットネスデータに基づく個人トレーニング内容の作成

 アスレティックアドバイザー就任にあたり、小野澤は以下のようにコメントしている。

「ラグビーの世界で長く活動し、社会人では東京のチームを拠点としていましたが、地元は島田市(旧金谷町)、中学および高校は日本平にある静岡聖光学院の出身です。自分が中学の頃に立ち上がった地元サッカークラブと今回このような形で新たな関係が始まることに興奮しています。サッカーとラグビーという競技間で刺激し合いながら、フットボールとして共有できることを促進させたいと思います」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA