FOLLOW US

鹿島、金崎の1点を守り抜く…浦和のオリヴェイラ監督は古巣凱旋も勝利飾れず

鹿島vs浦和の一戦は白熱した試合となった [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第13節が5日に行われ、鹿島アントラーズ浦和レッズが対戦した。

 先にスコアボードを動かしたのは、ホームの鹿島アントラーズだった。25分、ペナルティエリア内で仕掛けようとした永木亮太が倒されてPKを獲得。これを金崎夢生が冷静に左隅に流し込み、先制点を奪った。

 今度は浦和にチャンスが訪れる。36分、鹿島が自陣ペナルティエリア内でボールを回そうとし、昌子源がキープ。そこにプレスをかけた橋岡大樹がそのままボールを奪い、GKと1対1となりシュートを放つ。しかし、これは飛び出てきた曽ヶ端準にセーブされ、同点には至らない。

 76分、追加点を狙いたい鹿島はが攻め立てる。敵陣ペナルティエリア外右サイドでボールを受けた金崎が切り返しで相手のマークを外すと、左足でシュートを放った。しかし、相手GKのビッグセーブに阻まれてネットを揺らすことはできなかった。

 その後浦和の勢いのある攻めを守りきった鹿島がリーグ戦2連勝。一方の浦和は、オズワルド・オリヴェイラ体制初のリーグ戦連勝とはならなかった。

【スコア】
鹿島アントラーズ 1-0 浦和レッズ

【得点者】
1-0 25分 金崎夢生(PK)(鹿島)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO