2018.04.28

大分、町田との乱打戦を制し首位をキープ…大宮は東京Vに土をつける!/J2第11節

J2
大分が首位をがっちりキープ(左)。大宮は連勝で勢いに乗れるか(右) [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J2リーグ第11節が、28日に全国各地で開催された。

 前節首位にたった大分トリニータは、ホームでFC町田ゼルビアと乱打戦を繰り広げた。3分に馬場賢治が早々に先制点を奪うと、退場者を出した町田を尻目に前半のうちにハットトリックを達成。後半に入って町田に1点差に迫られるも、終了間際に追加点を奪って勝負あり。最終スコア4-3で勝ち点3をものにした。

 大宮アルディージャは、今季ここまで無敗の東京ヴェルディに土をつけた。49分に嶋田慎太郎のパスに抜け出したロビン・シモヴィッチがGKとの1対1を冷静に決めると、89分にはマテウス試合を決定付ける2点目を奪った。東京Vの攻撃陣を完封に抑えた大宮が、外国人コンビの活躍もあり2連勝を記録した。

 今節の結果は以下の通り。

■J2第11節
モンテディオ山形 0-1 栃木SC
水戸ホーリーホック 1-2 京都サンガF.C.
横浜FC 1-0 徳島ヴォルティス
カマタマーレ讃岐 1-1 FC町田ゼルビア
大分トリニータ 4-3 ジェフユナイテッド千葉
FC岐阜 0-1 ツエーゲン金沢
レノファ山口 1-2 アルビレックス新潟
大宮アルディージャ 2-0 東京ヴェルディ
愛媛FC 1-1 松本山雅FC
ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジェフユナイテッド千葉
ファジアーノ岡山 3ー1 ロアッソ熊本

■J2順位表
1位 大分(勝ち点24/得失点差+11)
2位 岡山(勝ち点24/得失点差+9)
3位 山口(勝ち点20/得失点差+4)
4位 福岡(勝ち点19/得失点差+5)
5位 東京V(勝ち点18/得失点差+7)
6位 熊本(勝ち点17/得失点差-1)
7位 横浜FC(勝ち点17/得失点差-1)
8位 町田(勝ち点16/得失点差+2)
9位 金沢(勝ち点15/得失点差+4)
10位 松本(勝ち点15/得失点差+1)
11位 水戸(勝ち点15/得失点差+1)
12位 栃木(勝ち点15/得失点差-5)
13位 大宮(勝ち点14/得失点差0)
14位 新潟(勝ち点14/得失点差0)
15位 山形(勝ち点12/得失点差-3)
16位 甲府(勝ち点11/得失点差-1)
17位 徳島(勝ち点11/得失点差-4)
18位 千葉(勝ち点11/得失点差-5)
19位 岐阜(勝ち点10/得失点差-3)
20位 讃岐(勝ち点10/得失点差-7)
21位 京都(勝ち点9/得失点差-6)
22位 愛媛(勝ち点9/得失点差-8)

■J2第12節対戦カード(5月3日)

千葉 vs 岡山
栃木 vs 京都
東京V vs 町田
甲府 vs 山口
松本 vs 水戸
金沢 vs 新潟
徳島 vs 愛媛
福岡 vs 山形
熊本 vs 岐阜
大分 vs 大宮
讃岐 vs 横浜FC

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る