2018.04.28

采配的中の首位広島が敵地で快勝、長崎との“平和祈念マッチ”を制す

ティーラシン
先制点を決めたティーラシン(写真は3月に行われた浦和戦のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第11節が28日に行われ、V・ファーレン長崎サンフレッチェ広島が対戦した。

 “平和祈念マッチ”と称されたこの一戦。リーグ戦4連勝中の9位長崎は、前節からスタメン3選手を入れ替え、ファンマやリーグ戦初先発となった名倉巧らが先発に。一方、前節今シーズン初黒星を喫したものの、依然首位を独走している広島は、パトリックや青山敏弘などがスタメンに名を連ねた。

 前半は、アウェイの広島がボールを保持し押し込む展開となるが、長崎が耐え凌ぎスコアレスで折り返す。

 後半立ち上がり早々、アーリークロスに合わせたパトリックが頭で合わせたが、これはバーに阻まれ、こぼれ球に後半開始から交代で入ったティーラシンが詰めるもゴールを割ることはできなかった。

 試合が動いたのは52分、右サイドを崩し和田拓也のグラウンダークロスを入ったばかりのティーラシンが合わせ、広島が先制した。

 さらに広島は59分、柴崎晃誠のコーナーキックをニアで佐々木翔が合わせ、追加点を奪った。

 試合はこのまま0−2で終了。首位広島が快勝を収めた。

 次節は5月2日、長崎はアウェイで鹿島アントラーズと、広島はホームで清水エスパルスとそれぞれ対戦する。

【スコア】
V・ファーレン長崎 0−2 サンフレッチェ広島

【得点者】
0−1 52分 ティーラシン(サンフレッチェ広島
0−2 59分 佐々木翔(サンフレッチェ広島

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る