2018.04.27

【FC東京vs名古屋プレビュー】広島撃破のFC東京はD・オリヴェイラが絶好調…名古屋はジョーらの高さで突破口を見出だせるか

2位と好調のFC東京。特に、FWのD・オリヴェイラは印象的な活躍を続けている [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■FC東京 チャン・ヒョンスの不在を丸山がカバー、選手層に自信

【プラス材料】
 FWのD・オリヴェイラがノッている。FW永井謙佑との連係やMF髙萩洋次郎との呼吸もピタリと合い、前節2得点を挙げて再び得点ランクのトップに立った。その活躍もあり、首位の広島に今季リーグ初の土をつけたことはチームの大きな自信になっている。

 また、第5節・G大阪戦(3月31日)では2点を先行しながら、一時同点に追いつかれたが、その反省を生かせたことも進歩の証といえるだろう。髙萩も「狙いどおりにカウンターから3点目を取れたことが大きかった」と手応えを話した。

 前節は、第9節・清水戦で足を痛めたDFチャン・ヒョンスが出場を回避したが、その不在をDF丸山祐市がしっかりと埋めたことも明るい材料だ。中2日のため、今節のディフェンスラインのメンバーは流動的だが、誰が出場しても大きく崩れることはないはずだ。

【マイナス材料】
 次節の対戦相手、名古屋は7連敗中と、チーム状況は対照的だ。FC東京に死角はないと言い切りたいところだが、「反対に名古屋には、何をしてくるかがわからない怖さがある」と永井。特にここ2試合の連勝も、「攻守にわたる全力」発揮の結果で、余力のある試合運びで勝ちきってきたわけではない。もし慢心や気の緩みが出てしまうと、足元をすくわれる可能性がある。

 また、現在の好調は、全員のハードワークに支えられている。それだけに、連戦の影響が徐々に出始めていることも気掛かりだ。ほぼフル出場が続くMF東慶悟や、MF大森晃太郎は、本来の運動量やキレが落ちている。彼らは“替えの効かない”選手であり、致し方ないともいえるが、不安材料となりうる。

文:totoONE編集部

■名古屋グランパス 得点力不足に悩むなか、青木の欠場は大きな痛手

【プラス材料】
 チームは好材料を見つけるには困難な状況にあるが、強いて言うならDFホーシャの復帰によるセットプレーの威力向上か。前節でも清水に一矢報いるヘディングでのゴールをCKから挙げており、闘争心満点のプレースタイルも低迷するチームを鼓舞する存在として頼もしい。FWジョーも同様に空中戦での存在感を高め続けており、本来のチームスタイルとは異質の高さという武器をもたらす2選手が力を発揮することは一つの突破口になり得る。

 彼らを活かす選択肢を持つMFのG・シャビエルやMF小林裕紀のゲームさばきにも試合の流れは左右されるだろう。また試合展開を変える役割を担う者として、FW押谷祐樹や最近は前線での起用が増えてきたDF内田健太の活躍にも期待したい。

【マイナス材料】
 なかなか得点が奪えない現状ではMF青木亮太が欠場濃厚なのは何とも痛いところ。複数失点を続ける守備陣にも安定感が足りておらず、チーム全体としてもボールを奪うという作業にもっとパワーが欲しい。ホーシャが戻ったことでDF櫛引一紀をサイドに回せる利点を生かし、より人に強いディフェンスを構築していきたいところだが、指揮官の指示やいかに。

 連戦の最中で運動量が減ってきている部分をどのようにカバーするかはポゼッション傾向の強いチームとしては悩みどころ。17歳のDF菅原由勢もプロの壁にぶち当たっており、ここで一皮むけられるか、周囲もそれをフォローしてやれるかも連敗脱出への大きなキーポイントになってきそうだ。

文:今井雄一朗

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る