2018.04.20

【浦和vs札幌プレビュー】浦和は大槻監督を無敗のまま送り出せるか…札幌は“ミシャチルドレン”駒井の欠場が痛手

大槻毅暫定監督の下で、浦和はV字回復を見せている [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■浦和レッズ 宇賀神の復帰でウイングバックの駒不足が改善

【プラス材料】
 大槻毅暫定監督の体制になってからリーグ3連勝と完全に勢いに乗り、選手をローテーション起用していることで、主力選手のコンディション維持も図れている。札幌とは、J1で過去10戦を行って7勝1分2敗と好成績を残している。

 18日のルヴァン杯ではDF宇賀神友弥が復帰し、人数不足が顕著だったウイングバックに貴重なコマが戻った。左右両サイドでプレー可能な実力者だけに、ベンチにいるだけでもその存在は大きい。

 また、札幌の指揮官が昨夏まで5年半にわたってチームを率いたミハイロ・ペトロヴィッチ監督であることも奮起する要素。敵将を“恩師”と慕う選手が多いだけに、その眼前で好プレーを見せたい。

 オズワルド・オリヴェイラ監督の就任が発表され、大槻暫定監督体制はラストゲーム。火中の栗を拾った指揮官を無敗で送り出したい。

【マイナス材料】
 リーグ3連勝を飾っているが、その試合内容は盤石という言葉には届かない。特に、後半に入ると運動量の減退から主導権を明け渡してしまうゲームが続いている。そこを最終ラインの選手たちによる守備で耐えてきたが、ペトロヴィッチ監督は固められた守備をこじ開けるだけの攻撃を見せることをチーム作りの方針にしているだけに、簡単にはいかないだろう。

 また、ペトロヴィッチ監督にとっては古巣であると同時に、無念の解任を言い渡された相手でもある。そして、自分の作り上げた超攻撃的なサッカーを継承していない浦和には複雑な思いを抱いているはず。その指揮官のモチベーションが選手たちに伝播することは、浦和にとって大きな脅威になる。

文:totoONE編集部

■北海道コンサドーレ札幌 カップ戦初勝利でさらに勢いを増すか

【プラス材料】
 リーグ前節は柏に逆転勝利。3連勝で4位に浮上してのこの一戦とあって、チームは勢いづいている。リーグ戦ここ5試合で4勝1分と完全に右肩上がり。主軸であるFW都倉賢も3試合連続得点中とあって、プラス材料はドンドンと挙げられる状況だ。

 そこに加えて、18日にはルヴァン杯で今季初勝利を達成。今季、ルヴァン杯では全敗だったが、ここにきて初勝利を挙げたことで、これがチームに好影響を与えないはずはないだろう。昨季も流れが悪い時期にルヴァン杯に勝利したことで流れを取り戻しているだけに、メンバーが大きく異なるとはいえ、チームとして公式戦で白星を重ねている部分は大きいと言うしかない。

【マイナス材料】
 まずは攻守の軸とも言えたミシャチルドレンのMF駒井善成がレンタル元との対戦ということで出場できないというのがマイナス点の一つとなる。開幕から主軸として活躍し、ミシャサッカーをチームに伝導する役目も果たしていたこの選手の欠場は当然ながら戦力的にはマイナスと評せるだろう。

 そして前節を負傷欠場したDF福森晃斗、DF宮澤裕樹、MFチャナティップの3選手が、この試合から復帰の見通しではあるが、どこまで万全に近づいているかは不安視される部分。3選手ともに先発出場が見込まれるものの、負傷が再発するようであれば大きなマイナス点になることは間違いない。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る