2018.04.13

【C大阪vsFC東京プレビュー】4連勝にMF清武復帰で追い風のC大阪…FC東京は“日替わりヒーロー”の登場でチームに勢い

C大阪にとって、”ナンバー10”清武弘嗣の復帰は大きなプラス材料だ [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■セレッソ大阪 公式戦4連勝、徐々に“勝ち癖”がついてきたか



【プラス材料】
 公式戦は4連勝中。リーグ戦の連戦となった7日の鳥栖戦、11日の川崎戦はいずれも2-1で勝利。失点が続いており、“完勝”とまでは言えないものの、次第に“勝ち癖”がついてきた印象だ。

 川崎戦ではチームにとって大きなプラス材料があった。右腓腹筋筋損傷のため開幕前から離脱を強いられていたMF清武弘嗣が、途中出場ながら今季リーグ戦初出場。未だけが人が多い状況は続いているが、チームの核となる選手が復帰したことで、特に攻撃面は向上が期待できる。

 けが人が出ていることによって生まれるメリットもある。川崎戦では、ここまでリーグ戦での出番が少なかったDF片山瑛一とMF福満隆貴が先発出場。勝利に貢献、福満は決勝ゴールという結果も残し、チーム全体の底上げができている。

【マイナス材料】
 勝利という結果はついてきているものの、やはり気になるのは守備面。公式戦では実に10試合連続で失点が続いている。川崎戦では先制を許した後に逆転に持ち込むことができたが、ビハインドの状況から同点、逆転を果たすにはエネルギーが必要で、この過密日程が続く中では極力避けたいところだ。試合内容を見ても、ここ最近はゲームを掌握し切ることができていない。ボールを握る時間を増やし、押し込まれる時間を少なくすることが、このハードスケジュールを勝ち抜くうえで課題となる。

 また、ターンオーバーを用いながらも、DFマテイ・ヨニッチら一部メンバーは連続出場が続いている。替えの利かない彼らの存在はチームにとって大きいが、疲労は間違いなく蓄積しており、少なからず不安要素の一つとなっている。

文:totoONE編集部

■FC東京 攻撃陣の連携が向上しリーグ4連勝を達成

【プラス材料】
 リーグ前節はDF室屋成が1ゴール1アシストの活躍を見せ、2016シーズン以来となるリーグ4連勝を果たした。先制を許しても動揺することなく戦い、地力のある鹿島に対して逆転できたことは大きな自信になるはずだ。

 何より、FWのD・オリベイラを筆頭に、FW永井謙佑、MF東慶悟、MF大森晃太郎の4選手がコンビネーションを高めていることは明るい材料だ。彼らが献身的にプレーし、守備のスイッチ役としても機能していることが連勝の要因といえるだろう。

 また前節の室屋に象徴されるように、競争意識が高まり“日替わりヒーロー”が生まれていることもチームの勢いにつながっている。MF高萩洋次郎も「自信と勢い、アグレッシブさをもって勝ち続けたい」と手応えを話している。

【マイナス材料】
 3月31日の第5節以降、ルヴァン杯を含めた4試合では、無失点ゲームが一度もない。GK林彰洋は「今は攻撃陣が得点を重ねてくれるので連勝できている。守備の選手としては細かなポジショニングにも注意し、失点を抑えたい。相手に隙を与えないために、頭の中の整理も必要」と修正点を話した。

 特に今節のFC東京は、中2日での3連戦目。さらにアウェイで迎えるため、疲労感は拭いきれない。現時点でスタメンは流動的だが、出足の早さや寄せが遅れると、FC東京らしいプレスが連動できなくなる。前節は鹿島のボール支配を許し、先制を許しただけに、全員のハードワークとコンパクトな陣形を保てなければ、苦戦を強いられるだろう。

文:totoONE編集部

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
18pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
56pt
FC東京
56pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
72pt
山形
64pt
横浜FC
64pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
52pt
藤枝
50pt
群馬
49pt
Jリーグ順位をもっと見る