2018.04.06

【浦和vs仙台プレビュー】浦和は仙台との直近5対戦で全勝…リーグ戦無敗の仙台は”鬼門”突破なるか

堀孝史監督の契約解除を受けて、暫定監督として浦和を率いることとなった大槻毅氏。チームを再生できるか [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■浦和レッズ 監督交代後の広島戦では、今季初の無失点

【プラス材料】
 リーグ前節の磐田戦(1-2)後に堀孝史監督との契約を解除し、内部昇格で大槻毅氏が暫定監督となった。新体制の初戦となった4日のルヴァン杯では広島を相手に今季初の無失点となる0-0の引き分け。磐田戦からスタメン11人を総入れ替えして得た結果だけに、チームにカンフル剤が投入された。

 大槻監督はメンバー選考の基準を3つ挙げた。1つが「心身のフレッシュさ」であることから、中2日の今節はスタメンが大きく変わる可能性が高い。そのなかで、広島戦で好プレーを見せたDF森脇良太やFWのA・ナバウト、MF山田直輝、DF岩波拓也といった面々にはスタメン起用も十分あり得る。2日間の非公開練習でチームと選手が観察されるだろう。

 相性で言えば、FW興梠慎三は浦和加入以降の5シーズンにおいて、仙台戦で13得点。“仙台キラー”の存在はチームにとって心強い。

【マイナス材料】
 新体制になって広島戦を引き分けたが、相手もスタメンを大きく入れ替えた試合だったのは事実であり、少なくないピンチをGK福島春樹のファインセーブでしのいだのも事実だ。時間がないなかで全ての問題点を修正することは難しいため、好調の仙台を相手にすれば分が悪いのが現実だ。

 今季のリーグ戦では得点がワースト2位、失点がワースト3位の数字という現実があり、5戦未勝利が続いている。チーム全体が負け慣れている感が否めないだけに、新体制のフレッシュさでどこまでそれをカバーできるか。

 加えて、浦和はリーグ戦のホームゲームで昨年8月19日のFC東京戦(2-1)を最後に未勝利が続いている。先制点を与えるようなことがあれば、一気に精神的なダメージを受けてしまう危険性が拭えない。

文:totoONE編集部

■ベガルタ仙台 リーグ戦で無敗を維持、わずか2失点の守備陣はまさに鉄壁

【プラス材料】
 開幕からのリーグ戦5試合で、3勝2分と無敗。特に目を引くのは5試合で2失点と高い硬度を示している守備だ。前節の長崎戦は終始相手に主導権を握られる苦しい展開だったが、これも無失点に抑えた。今節は敵地での試合だが、いきなり守備の安定感が崩れるような気配はない。

 攻撃面でも明るい兆しが見られる。ここまでの公式戦では複数得点がなかったが、4日のルヴァン杯FC東京戦では3得点を記録して勢いがついた。リーグ戦から多くの選手を入れ替えていたが、ルヴァン杯で得た攻撃の良い流れをリーグ戦につなげたい。

 また、このFC東京戦では負傷から復帰したDF蜂須賀孝治やMF中野嘉大が今季初めて先発出場。MF梁勇基も途中出場し、それぞれ好プレーを見せた。試合間隔が詰まった厳しい試合日程のなかで、頼れる戦力が戻ってきたのは大きなプラスだ。

【マイナス材料】
 今節の相手である浦和は監督が交代したために、相手のやり方が分からない点が不安材料だ。しかも、暫定監督を務める大槻毅氏は2011年に仙台でコーチを務めた経験がある。短い期間でも仙台対策を練ってくる可能性は高い。

 また、この一戦を前にチームの要であるMF奥埜博亮が負傷離脱したことは痛い。技術を生かした攻撃はもちろん、ボランチとしてプレーするようになってから目立っているボール奪取能力が、チームから失われてしまうことになる。

 そして最大のマイナス材料は、敵地・埼玉スタジアム2002との相性の悪さだ。仙台はここで公式戦勝利の経験がなく、昨季に至っては0-7と大敗を喫した。選手たちがスタジアムに持つイメージはあまり良いとは言えない。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る