2018.03.18

歓喜の初勝利…「持ち味」で決勝点のFWヴィエイラ「もっとゴールを」

ウーゴ・ヴィエイラ
ウーゴ・ヴィエイラ [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 リーグ戦4試合目にして、歓喜の初勝利だった。メンバーを変えて臨んだJリーグYBCルヴァンカップでは勝利していたものの、リーグ戦では今季初。しかも昨年のアジア王者を相手に、しっかりと勝点3をもぎ取った。

 試合が動いたのは81分。山中亮輔を起点に左からポゼッションを高める。「相手が自分の左足を警戒していて、縦への突破はスカウティングされていた」と山中が中へ入っていくと、「カバーもいなかった」とフリーに。「結構時間もあったので、中を見るというか、誰かの動き出しを待っていた」。すると、スルスルと動き出したのがウーゴ・ヴィエイラだった。

「ヤマが中に入ってきて、(吉尾)海夏が斜めの動きで相手を引っ張ってくれたので、僕がフリーになった」とヴィエイラ。その一方で「右足で打つという選択肢もあったけど、最後はウーゴが右から入ってきてくれた」と山中。最終的にはヴィエイラが「ヤマを呼んで、そこにパスが来た。いいファーストタッチができて、GKの逆を突けてファーにシュートした」ボールがゴールネットを突き刺した。

 両チーム最多となる6本のシュートを放った。「何度もチャンスがあったけど、相手GKが好セーブをした」と日本代表・西川周作の前になかなかゴールを割ることができなかった。それでも「チャンス一回で決めるのが自分の持ち味」らしく、山中からの強めのパスをしっかりと捉え、素早いモーションで右足を振り抜いた。

 前節のサガン鳥栖戦に続く、今季2ゴール目。多くのサポーターが陣取るアウェイゴール裏の前で歓喜の輪ができた。

「(サポーターの声援は)本当に素晴らしい。言葉では足りないぐらい感謝の気持ちでいっぱいです。恩返しするために、もっとゴールを決めて一緒に喜びたい」

 昨季より大幅に戦術を変え、そろそろ結果が欲しかっただけに、この1勝で自信を得た選手たちの表情はとても明るかった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る