2018.03.18

好調・広島、開幕4連勝ならず…磐田と相性のいいホームでスコアレスドロー

広島vs磐田
連勝を狙った広島と磐田の一戦はスコアレスドローに終わった [写真]=J.League
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第4節が18日に行われ、サンフレッチェ広島とジュビロ磐田が対戦した。

 ホームでは磐田相手に6戦負けなしと相性の良い広島は、リーグ戦ここ3試合と同じスタメンで臨んだ。ここまで4試合3得点と好調を維持する川辺駿は3シーズン在籍した磐田との対戦となった。一方開幕3連敗したものの、直近2連勝と復調気味の磐田は、U-21日本代表の大南拓磨が先発出場している。

 試合は広島がボールを握る展開に。ボールを回しながら相手ゴールに迫っていく。しかし、最初のシュートは磐田のアダイウトン。右足を振りぬくもミートせず、枠をそれてしまう。その後も12分、14分と磐田がシュートを放つも林卓人のセーブにあった。

 その後も球際激しく競り合う展開が続く。広島も徐々にペースをつかむと30分、柏好文がうまく切り込み、ペナルティーエリア左からシュートを放つもカミンスキーにセーブされる。

 アダイウトンはフィジカル面で広島の守備陣を苦しめる。37分、自陣でボールを持つと、一気にペナルティーエリアに侵入。しかし、最後でチェックにあい、シュートを打つことはできない。39分にも、アダイウトンが敵陣でファールを受け、FKを得る。しかし、田口泰士が蹴ったこのボールには誰も触れることができない。前半だけで3枚のカードが出る激しい展開となった。

 後半に入り磐田はギレルメに代わって山本康裕を投入。勝ち越しを狙う。51分、大南が敵陣深くからグラウンダーのクロスを入れ、川又堅碁が反応するもこれはオフサイドの判定。46分にも松本昌也のクロスに山田大記が走りこんでシュートを放つも枠外に逸れてしまう。

 ボールを動かしつつチャンスを伺う広島は59分、ティーラシンに代えて吉野恭平をピッチに入れる。なおも、66分、69分と磐田のシュートを浴びた広島は、74分にキャプテン青山敏弘に代えて柴崎晃誠を、80分川辺に代わり馬渡和彰を送り込む。馬渡はリーグ戦初出場となった。対する磐田は82分山田に代わって松浦拓弥を投入した。続く89分、足をひねり担架で運ばれたアダイウトンに代わり小川航がピッチに立つ。

 アディショナルタイムは5分の表示。お互い怒涛の攻撃をしかけるもネットを揺らすことができない。試合はこのまま終了し、広島のリーグ戦連勝は3でストップした。次節、広島はアウェイで川崎フロンターレと対戦。磐田はホームで浦和レッズと対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 0-0 ジュビロ磐田

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る