2018.03.16

【ライターコラムfrom千葉】ジェフスタイルに「魅力」を感じる茶島雄介、新天地で早くも攻撃のキーマンに

茶島雄介
千葉の中盤に君臨する茶島雄介 [写真]=J.LEAGUE
千葉県在住のフリーライター。Jリーグ(ジュフユナイテッド市原・千葉と浦和レッズ)をメインに取材活動をし、県内アマチュアスポーツも追いかける。

「千葉のスタイルに魅力を感じている。自分に合っている」と口にするのは、今季サンフレッチェ広島から期限付き移籍で加入した茶島雄介だ。
 
 フアン・エスナイデル監督からの信頼も厚く、J2開幕戦からここまで先発出場が続き、4-3-3システムのインサイドハーフを務め、積極的に攻撃に絡んで行く。

「監督の求めることを完璧に近い所まで持って行き、さらに自分のいいとこを出したい」と話すと、「(インサイドハーフは)プレスに行くには自分のポジションが大切になる。いかに速く行けるか。ビルドアップのポジショニングも大事にしている。得点を取らなければいけないポジションなので、しっかりとゴール前に入りたい」と熱っぽく続けた。

 ジェフユナイテッド千葉の戦術の土台を成すものに運動量が挙げられるが「広島時代よりも走ることは鍛えられている。きつい試合の中でもしっかりと走れている」と自信たっぷりに言う。

 運動量が鍵となるだけに、最後の一滴がなくなるまでガムシャラにピッチを駆け回る。それが茶島の“勝負の作法”でもある。

 エスナイデル監督も「マルチファンクショナルな選手に期待している。茶島はそのうちの一人。シーズンを通して彼の特長は我々にとって大切になってくる」と期待を寄せる。

茶島雄介

期限付き移籍で加入した千葉で中核を担う [写真]=J.LEAGUE

 東京ヴェルディとの開幕戦では、試合開始早々に10人になると、右サイドバックにポジションを移し、正確なクロスでラリベイのゴールをアシスト。第2節・水戸ホーリーホック戦でも相手を圧倒する内容を見せ果敢に攻め上がると、取り消されはしたがあわやゴールとなる幻のアシストをした。

 そして、結果を求めた第3節のFC岐阜戦ではショートカウンターを発動させると鋭い切り返しからDFを振り切り左足を一閃。ゴールネットを揺らすと右手を何度も振り上げてガッツポーズ。彼自身の中のマグマが爆発した。

「前から(プレスに)行って相手のミスを誘って、それがしっかりと得点につながった」

 しかし、この先制点が勝利への呼び水とはならずチームは逆転負けを喫し、3試合で勝ち点1と苦しいスタートになった。たかが1勝、されど1勝。チームとしても個人としても1つ勝つことの難しさは痛感しているが、誰も下を向く者はいない。

 高い位置からプレスをかけてボールを奪い、自分たちのサッカーで目の前の相手をねじ伏せて行く。ブレずに自分たちのやり方を貫き通すこと。そして目の前の1戦1戦に向き合えば必ず光は見えてくるはずだ。

 茶島は、壁にぶち当たっても真っ向から立ち向かうための術を口にする。

「勝たないといけないプレッシャーもあるが、試合に出たらピッチに立つ喜びと楽しむ気持ちを持ってプレーする」

 次節は敵地で徳島ヴォルティスと対戦をするが、この苦しい現状を打破するのは他者ではなく自分たちだけなのだ。

「勝つしかない」と強い覚悟をもって臨む。J1昇格の目標を叶えるために、茶島雄介はチームを勝利に導くために走り出す。
 
文=石田達也

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る