2018.03.16

【ライターコラムfrom金沢】武者修行先で得た先発の座、GK田尻健が抱く“結果”への渇望

昨年6月に金沢へ育成型期限付き移籍した田尻は今季、開幕から3試合連続で先発出場を果たしている [写真]=J.LEAGUE
フリーライター。J2昇格初年度の2015年から、ツエーゲン金沢の番記者として取材活動を開始。J2一年目の快進撃、二年目の残留争いを肌で感じ、監督が替わった三年目は新たなチーム作りを見届ける。

 ツエーゲン金沢が開幕の愛媛FC戦を控えたトレーニングで、昨季の主力であるGK白井裕人が負傷離脱。ここまでの3試合は、ガンバ大阪から期限付き移籍中のGK田尻健がゴールを守っている。コーチングで味方を動かすことに長けたGKで、金沢移籍後初出場・初先発となった愛媛戦ではビックセーブを披露して勝利に貢献し、その喜びを噛み締めた。



「いまは大事なタイミングなので、1試合1試合集中して良いプレーをしていかないといけない。内容もそうだけど、ホンマに結果が一番。次の讃岐戦も、福岡戦も勝たないといけない」。昨季はベンチで試合を見守っていた田尻にとって、いまはキャリアの分岐点にもなりうる重要な時期なのだ。

 第2節カマタマーレ讃岐戦第3節アビスパ福岡戦はいずれも0-1の敗戦を喫したものの、守備が崩されるような場面はほとんどなかった。「後ろから見ていても守備は全然やられていない。讃岐戦はリフレクションになって失点し、福岡戦は自分のミスで失点した。それ以外のところは全然やられていない。守備はこのまま自信を持っていつも通りにやればいい」。また、田尻が理想に掲げる「シュートを打たせない守備」についても「自分の声掛けで多少は相手のチャンスを潰せていると思うし、みんなも実行してくれているのでやりやすい」と手応えを口にした。

愛媛との開幕戦では先制されるも、好セーブで追加点を許さず、逆転勝利を呼び込んだ [写真]=J.LEAGUE

 しかし、その一方で「だから、なおさら失点ゼロに抑えたい。そこはこだわって、突き詰めてやっていかないといけない」と力を込める。「開幕戦のときはあれ(被決定機)を止められて、チームに流れを呼び込めた。そういうプレーもできるということが経験できたので、ああいうプレーを増やしていかないと」。

 今節の大宮アルディージャ戦も田尻の先発が濃厚。前線に強力なタレントを擁する大宮との試合は一筋縄ではいかないだろう。「シモビッチ選手は高さがあって、そのセカンドボールに大前(元紀)選手が反応する典型的な2トップ。いかにシモビッチ選手のところを潰せるかというのはテーマとしてやっていこうと思っている。攻撃の起点を作らせないよう指示しながらやりたい」と大宮撃破へイメージをふくらませる。

 ここ最近は試合に出続ける日々を送るが、「『試合に出ているから』という安心感を抱いたらどんどんダメになっていく一方だと思う。常に危機感を持ちながらやっている」。金沢で飛躍のチャンスをつかんだ田尻は、一切の妥協を許さず、結果を追い求める。

文=野中拓也

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る