2018.03.16

【FC東京vs湘南プレビュー】カップ戦勝利のFC東京はフィニッシュが課題…湘南は味スタでのリーグ戦過去1勝

ルヴァン杯最年少ゴールを挙げた、FC東京のMF久保建英。今節も貪欲にゴールを狙う [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■FC東京 待望の今季公式戦初勝利、ゴールを挙げた久保は途中出場が濃厚か

【プラス材料】
 14日に開催されたルヴァン杯で、ようやく今季公式戦初勝利をつかんだ。キャプテンのDFチャン・ヒョンスは「全員が闘志を前面に押し出して戦い、リーグ戦にもつながるゲームができた」と自信を垣間見せる。何より、MF久保建英がルヴァン杯最年少ゴールをマークし、勝利に導いたことで、チームには上昇機運の雰囲気が盛り上がっている。競争力を高める意味でも大きなプラス材料だ。

 また、J1リーグ直近の2試合は、MF高萩洋次郎がトップ下を務める菱形の中盤で臨んだが、この新潟戦ではダブルボランチに変更。リーグ戦では先発のなかったMF橋本拳人がバランスを重視したポジショニングを取り、流れの中で高萩を押し上げ、チャンスを作る場面も多かった。橋本の起用に目処が立ったことで、バリエーションは広がっている。

【マイナス材料】
 リーグ前節の磐田戦は、プレスの素早さ、厳しさでも相手に上回られ、力負けを喫した。「開幕前から積み上げてきたことが発揮できなかった」と長谷川健太監督は省みるが、今節の対戦相手、湘南はハイプレスやハードワークが特徴のチームだ。それに対して受け身になると、流れをつかめなくなるだろう。

 一方、ルヴァン杯新潟戦でのシュート数は、相手の3倍となる15本を放ったが、枠内シュートは久保の1本のみ。フィニッシュの精度不足は深刻で、久保の得点力に期待を掛けざるを得ない状況だ。ただし久保自身、強度の高いJ1リーグでの90分間のプレーに関しては未知数。またチームとして、早い時間帯に先取点を取り、その1点を守り切るような試合運びは一度も出来ていないだけに、久保は今節も途中出場が濃厚か。

文:totoONE編集部

■湘南ベルマーレ カップ戦で今季初黒星、FWイ・ジョンヒョプの決定力を活かす戦いができるか

【プラス材料】
 ホームに名古屋を迎えたリーグ前節、湘南はスコアレスドローで勝ち点1を手にした。開幕2連勝と勢いに乗る名古屋は、この試合でも高い技術とともに強さを示していたが、湘南も粘り強く対峙し、かたやチャンスも演出した。最良の結果こそ得られなかったものの、前向きな勝ち点1と言えた。

 長崎とのアウェイゲームに臨んだ14日のルヴァン杯は先制しながら1-2で逆転負けを喫した。今季初の公式戦の敗北となったが、生え抜きのDF石原広教や今季加入したMF小林祐介、ベテランDF島村毅、そしてGK後藤雅明が今季初先発を果たすなど、チームの層を育むポジティブな要素も見出せた。

 リーグ戦はまだ負けていない。プレシーズンから継続されている粘り強い守備とともに、日々取り組んでいる攻撃の良さを発揮したい。

【マイナス材料】
 今節対戦するFC東京とは、ルヴァン杯を含め通算2勝2分7敗と湘南が負け越している。会場となる味の素スタジアムは、2013年にはJ2降格が決まり、2015年は『湘南ベルマーレ』として初のJ1残留を決めた場所でもあるが、リーグ戦通算1勝3分3敗と分は良くない。

 長崎との開幕戦に勝利して以降、湘南はリーグ戦で計3得点を挙げている。だが前節の名古屋戦の5本をはじめ、ここまでチームのシュート数は多くない。打てばいいという話ではないが、第2節川崎戦、そしてくだんの名古屋戦と、2試合続けてFWイ・ジョンヒョプにシュートが記録されていない点は気になるところだ。前線で攻守に走る背番号9の貢献度は間違いなく高い。そのうえでさらに、開幕戦で先制ゴールを挙げたその決定力をチームとして活かしたい。

文:隈元大吾

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る