2018.03.03

J1初ホーム戦の長崎、2点差を追いつかれドロー…鹿島は1点を守りきる/J1第2節2日目

長崎
長崎のJ1初ホームゲームはドローに終わった [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第2節の5試合が3日に行われた。



 同じ九州同士の対決となったV・ファーレン長崎とサガン鳥栖の一戦は白熱した試合展開となった。2分、ファンマが落としたボールに反応した澤田崇が、マークに来たDFの股を抜いてうまくかわすと、ペナルティアーク付近から右足を振り抜き先制点を記録。さらに35分、新加入の鈴木武蔵がドリブルで駆け上がると、ペナルティエリア内に進入し、落ち着いてゴールに流し込んだ。

  J1初ホーム戦で勝利が見えて着た長崎は、後半に猛攻を受ける。自陣でのこぼれ球を小林祐三に拾われパスを出される。ペナルティエリア手前でこのボールに反応した高橋秀人がダイレクトシュートを決めて、点差を縮められる。さらに84分、CKからチョン・スンヒョンに頭で沈められた。

 最終スコア2-2で終了し、長崎のJ1初勝利はお預けとなった。

 ガンバ大阪との開幕戦に勝利した名古屋グランパスは、ホームでジュビロ磐田と対戦した。8分、ムサエフのクリアミスのこぼれ球を拾ったガブリエル・シャビエルがそのまま持ち込み右足でサイドネットに突き刺し、2試合連続得点を挙げた。

 後半に入ると徐々に磐田にペースを掴まれたものの、最後までゴールを許さなかった名古屋が開幕2連勝を記録した。

 同じく第1節で白星を記録したベガルタ仙台は、アウェイでFC東京と激突。前半は両チームともなかなか決定的チャンスを作れずに後半に突入した。

 すると57分、右サイドにいた阿部拓馬のクロスを左サイドで待っていた永戸勝也が受け中央に折り返す。このボールを石原直樹がダイレクトボレーで合わせると、ポストにあたってゴールに吸い込まれた。この1点を守りきった仙台は、19年ぶりにアウェイのFC東京戦で勝利した。

 前節、清水エスパルス相手にスコアレスドローに終わった鹿島アントラーズは、G大阪と対戦。78分、鈴木優磨が右サイドから積極的に中央へ突破すると、クロスに合わせた金崎夢生がゴールを決めて、鹿島に待望の先制点が生まれた。

 G大阪に攻め込まれながらも勝負強さを発揮した鹿島が、シーズン初勝利をあげた一方で、G大阪は開幕2連敗となってしまった。

 ヴィッセル神戸対清水エスパルスの一戦は壮絶な打ち合いとなった。先にチャンスを奪ったのは清水。13分にクリスランが左サイドからのクロスをダイレクトで押し込み先制点を奪うと、26分には北川航也が追加点を挙げる。

 その後2点を返されて劣勢に立たされたものの、清水は72分と82分にゴールを奪い、最終スコア4-2で勝ち点3を手に入れた。

■J1第2節
▼2日
川崎フロンターレ 1-1 湘南ベルマーレ
セレッソ大阪 3-3 北海道コンサドーレ札幌
柏レイソル 2-0 横浜F・マリノス

▼3日
名古屋グランパス 1-0 ジュビロ磐田
FC東京 0-1 ベガルタ仙台
鹿島アントラーズ 1-0 ガンバ大阪
ヴィッセル神戸 2-4 清水エスパルス
V・ファーレン長崎 2-2 サガン鳥栖

▼4日
浦和レッズ vs サンフレッチェ広島

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
17pt
FC東京
17pt
大分
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る