2018.02.26

連敗脱出の川崎、磐田との開幕戦で取り戻した感覚とは

川崎フロンターレ
Jリーグ開幕戦で今シーズン初勝利を挙げた川崎フロンターレ [写真]=J.LEAGUE
サッカーキング編集部

 連敗のトンネルを抜け出した。セレッソ大阪との富士ゼロックススーパーカップ、AFCチャンピオンズリーグの上海上港戦、蔚山現代戦と公式戦で3連敗中だった川崎フロンターレが、ジュビロ磐田とのJリーグ開幕戦で今季初勝利を飾った。

 試合後に選手たちが口にしたのは「取り戻した」という言葉。DF車屋紳太郎は次のように語る。

「ゴール前の最後の寄せの部分が良くなっていた。昨年はそれができていたし、その感覚を取り戻す必要がありました。今日は自分たちの感覚が取り戻せたと思う」

 DF谷口彰悟も昨季のある感覚を取り戻したと話す。

「強気で試合に入ることができたし、統一感を持って、ハードワークしながら戦えていた。今日は勝てていた時の感じを思い出したというか。こうやってゲームを進めて行くんだ、とみんなが改めて感じたと思います」

 そのゲームの進め方を解説してくれたのはキャプテンのFW小林悠だ。

「先制点の大きさを感じた試合でした。先に点を取ることでみんな余裕が出てくる。逆に相手は慌ててくるので、スペースもできる。ボールの回り方が全然違いますね。最初は辛抱してゼロに抑えながら、先制点を取る。それが自分たちの勝利の方程式のようなものであって、すごく大事」

「攻守の切り替えが早かったですし、全員がボールへの執着心を見せていました。(川崎が3点リードしてからは)相手が点を取りに来て、押される展開になると思っていましたけど、そこでしっかりと抑えながら、最後のカウンター攻撃にも少しパワーを出せた。それが自分たちの試合運びであって、昨年やっていたことです。やっとフロンターレらしさが出た試合だった」

 昨季、川崎が初優勝を成し遂げた要因はその攻撃力よりも、鬼木達監督が徹底したハードワークという側面のほうがより大きいだろう。安定した守備がリーグで3番目に少ない総失点32という成果を生み出した。磐田戦では相手のカウンターからのピンチも訪れたが、守備陣を中心に体を張り、粘り強く守り続けた。そこにはC大阪戦にはなかった守備の力強さが感じられ、何よりも勝利への執着心が表れていた。

 課題はまだ残されているが、勝利という結果が一番の特効薬だ。小林は「やっぱり勝つって大変だと思いました。みんなが勝つことのうれしさを実感した試合だったと思うので、次に繋げたい」と笑顔を浮かべる。また車屋が「耐えるところは耐えて、無失点で勝ち切ったのは大きい」と語ったように、心理面でも相手の攻撃をゼロに抑えて勝ったことの意義は大きい。次戦は3月2日の湘南ベルマーレ戦。磐田戦で取り戻した「フロンターレらしさ」を武器に、連勝の波に乗っていきたい。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る