FOLLOW US

王者の貫禄! 川崎が磐田に3発快勝、中村憲剛が1ゴール2アシストの大活躍

昨季のJ1王者・川崎が磐田に快勝した [写真]=J.LEAGUE

 2018明治安田生命J1リーグ第1節が25日に開催され、ジュビロ磐田川崎フロンターレが対戦した。

 昨季6位の磐田は中村俊輔、川又堅碁、アダイウトンといった面々が順当にスタメン入り。新戦力ではギレルメが左ウイングバックを務め、名古屋グランパスから加入した田口泰士はベンチに入っている。

 一方、昨季のJ1王者・川崎は1トップに知念慶を配置し、昨季J1得点王の小林悠は右サイドハーフの位置に入った。昨季リーグ戦10得点の阿部浩之、今季より川崎に復帰した大久保嘉人はベンチスタートとなった。

 序盤、決定機を作りだしたのは磐田。17分、磐田は左サイドでFKを獲得すると、中村俊の蹴ったボールに高橋祥平がヘディングで合わせる。シュートはポストに直撃し、こぼれ球も川又がミートできず。絶好のチャンスを逃した。22分には左サイドをアダイウトンが突破したが、一対一のシーンは川崎GKチョン・ソンリョンに阻まれる。

 すると、ピンチをしのいだ川崎が試合を動かす。24分、後方からの浮き球パスに反応した中村憲剛がヘディングでゴール。待望の先制点を手にした。さらに43分、中村憲のクロスに谷口彰悟が頭で合わせ、リードを2点に広げる。その2分後にはPA手前でFKを獲得すると、中村憲のボールにエドゥアルド。決定的な3点目を奪った。

 まず1点を返したい磐田は58分、櫻内渚を下げて田口を投入する。すると60分、PA外からその田口が強烈なシュート。川崎ゴールを脅かす。73分には田口のスルーパスから山田大記がシュートを放ったが、ボールはわずかに枠を捉えられなかった。

 川崎は78分、足をつった知念に代えて大久保を投入する。大久保はこれでJ1通算400試合出場を達成した。試合はその後目立った動きを見せることなく、終了のホイッスル。昨季のJ1最多得点・川崎がJ1最少失点・磐田相手に3点を奪っての快勝を収めた。

 次節、磐田は3月3日にアウェイで名古屋と、川崎は3月2日にホームで湘南ベルマーレと対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 0-3 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 24分 中村憲剛(川崎)
0-2 43分 谷口彰悟(川崎)
0-3 45分 エドゥアルド(川崎)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO