FOLLOW US

昨季に続く負傷離脱…清武弘嗣が心境明かす「今は正直何も考える事ができません」

負傷離脱を強いられることとなった清武弘嗣 [写真]=Getty Images

 セレッソ大阪に所属する日本代表MF清武弘嗣が19日、自身のインスタグラムを更新。負傷離脱を強いられることとなったことを明かし、心境をつづっている。

 清武はインスタグラムにて「去年から何をしてるんだ。怪我ばっかり。そう思っている人はたくさんいるはずです。でも、自分でもそう思っています」と記し、苦しい胸の内を記している。度重なる負傷に苦しめられた昨季に続いて、またも離脱を強いられることとなってしまった模様で、ACLグループステージ第2節の広州恒大(中国)戦を21日に、そして明治安田生命J1リーグ第1節の横浜F・マリノス戦を25日に控える中、そして来月下旬には日本代表の欧州遠征が予定されている中、戦列を離れることとなった。 

「キャンプから順調にきて、コンディションも良かったのですが。今は正直何も考える事ができません。また元気な姿を見せれるように頑張ります」

 清武はC大阪復帰2年目となる今季、背番号を「46」から「10」に変更。2月10日に行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎フロンターレ戦、そして14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第1節の済州ユナイテッド(韓国)戦と、公式戦2試合連続で先発メンバーに名を連ねていた。なお19日18時30分現在で、C大阪の公式HPには清武の負傷に関するリリースは出されていない。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA