FOLLOW US

「どのチームとやっても勝てない」…チームに喝を入れる中村憲剛、ACLまでに修正を目指す

2018.02.10

幸先の良いスタートにできなかった中村憲剛 [写真]=瀬藤尚美

 10日に行われた「FUJI XEROX SUPER CUP 2018」で、川崎フロンターレセレッソ大阪に2-3で敗れた。先発出場したMF中村憲剛が、試合を振り返り悔しさをにじませた。

「C大阪は素早いカウンターが持ち味のチームです。だから、ボールの取られ方に気をつけなければいけなかったんですけど、相手のテンポを掴むのが難しかったです」

 川崎の持ち味は攻撃力の高いパスサッカーだが、この日はC大阪に終始「高い位置」を取られたことで、相手ゴールに近づくことが難しかった。チームの出来は決して良いものではなかったが、中村の気持ちがネガティブに傾くことはない。

「まだ今季は始まったばかりです。もちろん、負けたことは悔しいですし、シーズンの初戦だったので幸先良く終わりたかった。でも、すぐにAFCアジアチャンピオンズリーグが始まります。下を向かずに、そっちに切り替えていきたいです」

 中村の言う通り、13日にはACLグループステージ第1節が始まる。昨季は準々決勝まで進んだものの、浦和レッズに後少しのところで打ち負かされた。アジアの頂点にたどり着くため、昨季にFW小林悠へ主将の座を渡した“元キャプテン”は、チームに喝を入れる。

「チーム全体としてもう一度、気を引き締めてやっていかないといけない。自分たちがしっかりしないと、どのチームと対戦しても勝てないと思っています」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO