FOLLOW US

「いいスタート」を噛み締める新主将・山口、自身のゴールは「おまけみたいなもの」

2018.02.10

強烈なミドルシュートで先制点をマークした [写真]=Getty Images

 昨季2冠の勢いそのまま、FUJI XEROX SUPER CUP 2018を制したセレッソ大阪。さらなる躍進が期待される今季、公式戦チーム第1号は新主将・山口蛍の一発だった。

 26分、セレッソは右サイドから攻撃を仕掛ける。エリア内でボールを受けた杉本健勇が落とすと、中盤から駆け上がってきた山口が右足を一閃。「いい流れで自分のところに来た。いい崩しだったと思う」と振り返ったように、セレッソらしい見事な連動で先制点をもぎ取った。セレッソが1点を先行し折り返すと、清武弘嗣と新加入の高木俊幸が後半に追加点を奪う。3-2でJ1王者・川崎フロンターレを下し、主将の山口がトロフィーを掲げた。

「個人は置いといて、チームとして非常にいい結果。押し込まれている時間でも、昨年のルヴァン杯決勝(2-0)のように一方的になることはなかったし、自分たちのやりたいことはできていた」と手応えを示す。

 ゴールは「おまけみたいなもの」と山口らしく謙遜するが、「個人としてもチームとしてもいいスタート」になった喜びを静かに噛み締めた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO