2018.01.18

ニューバランスが手掛ける山形の新ユニが発表、1stは出羽三山をイメージ

サッカー総合情報サイト

 ニューバランスジャパンは、モンテディオ山形が2018シーズンに使用するユニフォームを発表した。

 昨季に続き、「加速力(アクセラレーション)」をコンセプトにデザインされており、同社は、「脇の切り替え部分にシャープな切れ込みデザインを入れることでスピード感を表現し、さらなる高みを目指すチームを後押し致します。全てのユニフォームは、ベース素材に吸汗速乾性に優れたニューバランスオリジナル素材『NBDRY』を採用したセミブライトニットを用いており、編地組織によるライトストレッチ機能で身体の動きに負担を掛けない新機能を備えた生地で、闘う選手たちを機能面からもサポート致します」と、説明している。

 ファーストユニフォームは前身頃を、チームの伝統カラーである山形ブルーとホワイトの縦縞のデザインを採用。ウエスト部分は、山形県中央部にある月山、湯殿山、羽黒山からなる出羽三山の切り立つ山並みを表現している。山並みから始まるラインストライプは、「出羽三山などの大自然と、山形を愛する全ての人たちの力が、チームのモチベーションを高め、更なる加速力を生み、一瞬にして相手チームを置き去りにしていく」メッセージが込められている。セカンドユニフォームは、ファーストユニフォームと同様の縦縞を基調に、インパクトを残したJ1初戦に着用していた山形イエローのカラーリングを忠実に再現。「チームとサポーターが、歓喜に湧いた瞬間を超えるようなシーズンになる様に願いが込められた、創立20周年にふさわしいユニフォームになっています」と説明されている。GKユニフォームは袖にアクセラレーションプリントを採用する事で、相手より一瞬先に出てゴール前に立ちふさがるような加速力を表現している。

 ファースト、セカンド、GKユニフォームはそれぞれ、2月下旬からの販売予定となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
9pt
C大23
7pt
北九州
6pt
Jリーグ順位をもっと見る