2018.01.12

【インタビュー】岩波拓也「このユニフォームを着て埼スタでプレーできるのが楽しみ」

岩波拓也
神戸から加入した岩波拓也 [写真]=SOCCER KING
サッカー総合情報サイト

 昨シーズンはヴィッセル神戸で29試合に出場を果たす。大いなる覚悟を持って、生まれ育った神戸からの移籍を決断。岩波拓也が秘めたる思いを明かした。

──今シーズン、浦和レッズへの加入を決めた要因は?
岩波 昨年、浦和レッズがアジアでチャンピオンになったので、そういう素晴らしいクラブの一員になって、いろいろ吸収したいなと思い挑戦することにしました。

──昨シーズン、神戸はレッズと2回対戦して1分け1敗でした。レッズから受けた印象は?
岩波 レッズは選手個人のレベルがすごく高いので、崩すところを見つけられないまま試合を進められて、苦しい試合になりました。

──今回、背番号「31」を選んだ理由を教えてください。
岩波 Jリーグで初めてスタメン出場した時に着けていた番号が31番だったので、すごく思い出深い番号ですし、新しい挑戦ということで、この番号を選びました。

──実際にレッズの赤いユニフォームを着てみて、どんな印象ですか?
岩波 このユニフォームを着て埼玉スタジアム2002でプレーできるのが楽しみです。

──自分自身のストロングポイントは?
岩波 ヘディングとビルドアップの部分の自信はあります。

──レッズサポーターの印象は?
岩波 毎試合、ホーム・アウェーに関わらず、たくさんのサポーターの方が駆け付けていますし、声の圧力はJリーグで一番だと思います。

──ところで、岩波選手は幼い頃、どんなお子さんだったんですか?
岩波 各チームでキャプテンをやってきて、いつもチームの中心を任されていました。

──好きなサッカー選手は?
岩波 目標にしているのは、ブラジル代表のマルキーニョス選手(パリ・サンジェルマン)です。

──オフはどのように過ごしていますか?
岩波 今年は天皇杯が準決勝まであり、大会が終わってから少し休みました。実家や神戸でゆっくりしました。

──最後にレッズのファン・サポーターに一言お願いします。
岩波 レッズは昨年アジアチャンピオンになり、今年は国内の3つのタイトルが懸かった大会があります。それらをすべて取りにいく気持ちで臨みたいと思います。

岩波拓也 Takuya Iwanami
背番号:31
ポジション:DF
生年月日:1994年6月18日
前登録チーム:ヴィッセル神戸

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る