FOLLOW US

ユニセフと“平和”への想い込め…長崎が2018年新ユニフォーム発表

V・ファーレン長崎の2018年新ユニフォーム(ホーム)

 V・ファーレン長崎のユニフォームサプライヤーであるヒュンメルは10日、長崎の2018年新ユニフォームを発表した。

 ホーム、アウェイ両方のユニフォームに織り込まれたのは“平和”へのメッセージだ。ホームユニフォームには、長崎市の秋祭り「長崎くんち」の着物に使われている伝統的な波模様を採用。波の上には、平和のシンボルである鳩が描かれている。一方、アウェイユニフォームには、長崎くんちの龍踊りで見られる炎をベースにデザインされている。

 また、両ユニフォームには「ナガサキをひとつに」というクラブのスローガンも取り入れるべく、長崎県の地図をモチーフにし、海と山に囲まれた自然豊かな長崎が表現されている。

 さらに、2018年シーズンより、初めて背面スポンサーとして、ユニセフのロゴをプリント。平和への想いがより強調されたユニフォームとともに、クラブ史上初のJ1を戦う。

■髙田明社長のコメント
「V・ファーレン長崎の2018年ユニフォームは、『長崎からサッカーを通して平和への想いを発信し続ける』ことを目的としています。長崎県出身のデザイナーで、多岐にわたり活躍される岡本一宣氏を迎え、チームカラーの紺とオレンジ色を配した長崎県の地図が浮かび上がる素晴らしいデザインとなりました。今回はユニセフ様のサポートをいただき、背番号上にロゴを展開しております。鳩、波をモチーフにもし、浮かび上がらせた長崎を全国へ、そして世界へ。平和と強さを発信し続ける2018年シーズン。新しいユニフォームを身にまとい戦うV・ファーレン長崎にぜひ注目してください」

FP-1st


FP-2nd


GK-1st


GK-2nd


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO