FOLLOW US

「無力さを痛感した1年」を経て…横浜FCの38歳GK南雄太、契約を更新

2017シーズンはJ2で1試合に出場するにとどまったGK南雄太 [写真]=Getty Images

 横浜FCは8日、元日本代表GK南雄太との2018シーズンの契約を更新したと発表した。

 南は1979年生まれの38歳。1998年に静岡学園高校から柏レイソルに加入し、2009年までプレーした。2010年にロアッソ熊本に加入。2014年から横浜FCでプレーしている。2017シーズンは明治安田生命J2リーグで1試合に出場するにとどまった。

 契約更新にあたり、南は以下のようにコメントしている。

「2018年1月8日。背番号にちなみ『18』続きのこの日に横浜FCと合意に達し、今季も横浜FCで戦わせて頂く事になりました、南雄太です。自分にとって昨年は、選手生活20年で1番と言っていいほど不甲斐ない1年間であり、チームに全く貢献する事が出来ず、ただただ無力さを痛感した1年でした」

「シーズン中に39歳を迎える今季は、選手生活をかけてチームの目標のため、そして自分自身のためにどんな状況でも全力の限りを尽くして闘い、復活してみせたいと思います。そしてどんな時も支えてくれる、ファン、サポーター、スポンサーの皆様とシーズン終了後に共に喜び合えるよう精一杯頑張りますので、今シーズンもどうか熱いご声援、ご支援を宜しくお願いいたします」

Jリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA