FOLLOW US

札幌、GK菅野孝憲が京都から期限付き移籍加入「全ては勝利のために」

札幌への期限付き移籍加入が決まったGK菅野孝憲 [写真]=Getty Images for DAZN

 京都サンガF.C.に所属するGK菅野孝憲が同クラブとの契約を更新したうえで、2018シーズンは北海道コンサドーレ札幌へ期限付き移籍で加入することが決まった。8日に両クラブが発表した。移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日まで。契約により、菅野は京都と対戦する公式戦には出場することができない。

 菅野は1984年生まれの33歳。東京ヴェルディの下部組織出身で、2003年に横浜FCへ加入した。2008年には柏レイソルに移籍し、同クラブでは2011年のJ1リーグ優勝に貢献。2016年から京都に所属し、2017シーズンは明治安田生命J2リーグで32試合に出場した。キャリア15年でJ1通算235試合、J2通算259試合に出場。あと6試合でJリーグ通算500試合到達となる。

 期限付き移籍にあたり、菅野は京都に対して以下のようにコメントしている。

「『J1に昇格し、J1でも常に優勝争いができるチームにする』という、京都サンガF.C.の目標を達成することができず、悔しく思います。強い覚悟を持ち1日1日、今にチャレンジしてきましたが、すべては結果です。この挑戦ができたこと、そしてどんな時も変わらずに応援してくれた京都サンガF.C.に関わるすべての人に感謝の言葉を言わせてください。ありがとうございました」

 そして加入する札幌には以下のようにメッセージを寄せている。

北海道コンサドーレ札幌の一員としてサッカーができる事に感謝しています。この刺激あるチャンスを必ず掴めるように努力します。全ては北海道コンサドーレ札幌の勝利のために」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO