FOLLOW US

柏、福岡からリオ五輪代表DF亀川諒史を獲得…2017年はJ2全42試合出場

柏が亀川諒史を完全移籍で獲得した [写真]=J.LEAGUE

 柏レイソルは6日、アビスパ福岡からDF亀川諒史を完全移籍で獲得したと発表した。

 現在24歳の亀川は帝京第三高校卒業後の2012年に湘南ベルマーレへと加入し、2015年から福岡でプレーしている。今季の明治安田生命J2リーグでは全42試合に出場した。J1リーグ通算では47試合出場1得点、J2リーグ通算では98試合出場1得点を記録している。また、2016年にはリオデジャネイロ・オリンピックを戦う日本代表メンバーにも選出されていた。

 亀川は退団する福岡の公式サイト上にメッセージを寄せ、ファン・サポーターへの感謝を口にした。

 「このたび柏レイソルに移籍する決断をしました。この決断をするまでに色々と考え本当に悩みました。2015年、期限付き移籍でありながらもチャントを作っていただいたことや、昇格プレーオフの時にサポーターの皆さんが掲げてくれた横断幕の言葉は僕のサッカー人生の中でとても大切な宝物になりました。そしてアビスパ福岡の選手としてリオ五輪の舞台に立てたことが本当に嬉しかったです。このチームで過ごした3年間は僕のサッカー人生においてとても心に残る3年間になりした。今回移籍という決断をし、この文章だけでは伝えきれないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。ですが、なによりも次のステップで成長した姿を皆さんにお見せすることが1番の表現だと僕は思っているので一生懸命頑張ります。最後になりますがアビスパ福岡に関わる全ての皆様、3年間本当にありがとうございました」

 また、亀川は新天地となる柏の公式サイトにも意気込みを語っている。

 「はじめまして、アビスパ福岡から移籍してきました亀川諒史です。柏レイソルの一員になれることを嬉しく思います。一つでも多くのタイトル獲得に貢献できるよう全力で闘います。応援よろしくお願いします」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO