2018.01.05

名古屋が守備陣を補強…甲府から27歳DF畑尾大翔を完全移籍で獲得

畑尾
名古屋への完全移籍が決まった畑尾大翔 [写真]=JL/Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 名古屋グランパスが、ヴァンフォーレ甲府からDF畑尾大翔を完全移籍で獲得した。両クラブが5日に発表している。

 移籍にあたり、畑尾は甲府のクラブ公式HPでコメントを発表。思いの丈を綴った。

「まずはじめに、2017シーズンもたくさんの応援をありがとうございました。みなさんの期待に応えることができず、申し訳なく思っています。私は今シーズンでチームを離れる決断をしました。練習生の頃を含め、約4年間本当にありがとうございました。特に私のことを気にかけ、背番号3のグッズを身につけ、応援してくださったみなさんにはこの様な報告となり、心苦しく思います」

「加入してから臣さんの後継者として期待していただき、その高い壁を乗り越えようと日々のトレーニングと向き合い努力してきました。しかし、壁は高く、力不足でみなさんの期待に応えられなかったと感じています。また、選手、スタッフ、山梨県民のみなさまは温かく、家族のように接してくれました。ただ、その思いと裏腹に、居心地の良い環境に自分が甘えているのではないかと思い始めました。人として、選手として、挑戦することをやめたら成長はないと常々感じており、このままチームに残ることで甘えが出てしまうと思いました」

「そして、環境を変え、また0からスタートを切ることで、より明確な覚悟を持ちサッカーと向き合えると思い移籍を決断しました。病気の後にこの私に手を差し伸べ、小さい頃からの夢を叶えてくれたこのクラブには感謝しかありません。初めて実家を出た先が、山梨県で本当に良かったと思います。そして、第二の故郷と言える場所が私にできました。ヴァンフォーレ甲府で過ごした4年間があったからこそと思えるように、また、思ってもらえるように自分らしく頑張っていきます。本当にありがとうございました」

 そして、同選手は新天地となる名古屋のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、抱負を述べている。

「はじめまして。2018シーズンから加入することになりました、畑尾大翔です。名古屋グランパスのような歴史ある素晴らしいクラブに加入することができて大変光栄です。声をかけてくださったクラブ関係者の皆さまに感謝いたします。サッカー選手になりたいと思い続けていた頃、一度サッカーができなくなった頃を思い返し、名古屋グランパスで大きく翔ばたけるように自分の良さを最大限発揮します。そして、ピッチ外の活動でもクラブの価値をより一層高めていきたいと思います。名古屋グランパスに関わる全ての皆さまで力を合わせ、数多くの勝利を掴み取り、喜びを分かち合いましょう」

 畑尾は1990年生まれの27歳。FC東京U-18から早稲田大学を経て、2014年に甲府へ加入した。2017明治安田生命J1リーグでは14試合出場1得点の成績。通算ではJ1リーグ戦49試合出場1得点を記録している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る