2018.01.04

名古屋に9年所属の田口泰士、磐田へ完全移籍「感謝の気持ちでいっぱい」

田口泰士
磐田への完全移籍が決まった田口泰士 [写真]=JL/Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 ジュビロ磐田が、名古屋グランパスからMF田口泰士を完全移籍で獲得した。両クラブが4日に発表している。

 移籍に際し、同選手は名古屋のクラブ公式HPでコメントを発表。プロ入りから9年間を過ごした同クラブへの思いを綴った。

「このたびジュビロ磐田に移籍することを決断しました。いろいろと考え、悩んだため、ファン・サポーターの皆さまへの報告が遅くなってしまい申し訳ありません」

「グランパスに加入してから9年間、振り返れば皆さまと共に様々な経験をすることができました。共に喜び、共に悲しみ、どんな時でも熱い応援をいただいたこと、皆さまと共に闘ってこられたことは、僕の財産です。そして、皆さまのおかげで、プロサッカー選手として成長させていただくことができました。この文章だけでは伝えきれないほど感謝の気持ちでいっぱいです」

「ファン・サポーターの皆さまをはじめ、パートナー企業の皆さま、クラブスタッフの皆さまなど9年間関わっていただいた全ての方々、本当にありがとうございました」

 そして、田口は磐田のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、抱負を語っている。

「2018シーズン、皆様と共に闘うことになりました田口泰士です。このクラブのために、全力を尽くします。共に闘いましょう。熱い応援よろしくお願いします!」

 田口は1991年3月16日生まれの現在26歳。流通経済大学付属柏高校から2009年に名古屋へ加入し、プロキャリアをスタートさせた。2012シーズンより出場機会を増やすと、2014年10月には日本代表にも初招集され、これまで国際Aマッチ通算3試合に出場している。2016年は名古屋の主将を務めたが、同年は明治安田生命J1リーグで年間16位に終わり、クラブ史上初のJ2降格を経験した。迎えた2017シーズン、同選手はJ2リーグ戦34試合出場9ゴールをマーク。1年でのJ1昇格を果たしたチームをけん引していた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る