2018.01.04

英2部リーズ、G大阪MF井手口陽介の移籍合意を発表! 今季はスペイン2部へレンタル

井手口
海外への挑戦を決めた井手口
サッカー総合情報サイト

 ガンバ大阪の日本代表MF井手口陽介が、イングランド・チャンピオンシップ(英2部)のリーズに移籍することが決まった。リーズが4日、公式HPにて移籍合意を発表した。

 現在21歳の井手口は、G大阪の下部組織出身。高校2年生ながら2014年に“飛び級”でトップチームに昇格し、2015年4月にJ1デビューを果たした。その後徐々に出場機会を増やし、主力に定着して2016年のJリーグYBCルヴァンカップではニューヒーロー賞を受賞。また、同年のシーズン終了後のJリーグアウォーズではJリーグベストヤングプレーヤー賞にも輝いた。

 今季はリーグ戦30試合に出場して4得点をマーク。日本代表としては、昨年6月に行われたキリンチャレンジカップのシリア戦でA代表デビューを果たし、8月31日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選のオーストラリア戦では得点を挙げ、日本の6大会連続となるW杯出場に貢献した。EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会の北朝鮮戦でも、試合終了間際に貴重な得点を挙げるなど、存在感を発揮している。

 井手口の新天地となるリーズは、1919年に創設された古豪。2003-04シーズンを最後に、プレミアリーグでの戦いからは遠ざかっているが、これまでにプレミアリーグを3度制覇した歴史を持ち、かつては元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏や元フランス代表FWエリック・カントナ氏も在籍していた。昨年7月からは元日本代表MF藤田俊哉氏がコーチを務めている。

 リーズの発表によると、井手口は来週に渡英してメディカルチェックを受ける予定。リーズ加入決定後はリーガ・エスパニョーラ2部のクルトゥラル・レオネサへレンタル移籍で加入し、今シーズン終了後までプレーすることも併せて発表されている。

 レンタル先のクルトゥラル・レオネサは公式ホームページ上で以下のようにコメントしている。「歴史あるガンバ大阪で、日本最高峰の選手に成長した井手口は、間も無くレオネサに到着します。日本代表としてもプレーし、非常にクオリティーの高い選手である井手口を私たちは歓迎します」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る