2017.12.31

J1残留の“救世主”パトリック、期限付き移籍延長で来季も広島でプレーへ

パトリック
来季も広島でプレーすることが決定したパトリック [写真]=JL/Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 サンフレッチェ広島は31日、サルグエイロACからレンタル中のパトリックの移籍期間を延長すると発表した。期間は2018年2月1日から19年1月1日までとなっている。

 川崎フロンターレ、ヴァンフォーレ甲府、ガンバ大阪で活躍したパトリックは今年7月に加入。15試合4得点を記録し、広島のJ1残留に貢献した。

 クラブ公式HPを通じて「サンフレッチェ広島と契約を更新することができ、とてもうれしく思います。今シーズン途中から加入したとき、チーム状態はよくありませんでしたが、2018年はシーズン始めから広島でスタートすることができます。サンフレッチェ広島のタイトル獲得に貢献し、チームの歴史に名を残せるように頑張ります。サポーターの皆さん、いつも応援ありがとうございます。これからもサポーターの皆さんのために、ピッチで戦います」とコメントを発表した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る