FOLLOW US

C大阪、2選手の退団を発表…DF温井は栃木へ、GK武田は東京Vへ移籍

DF温井(右)は今シーズン、主にC大阪U-23で活躍し、J3リーグでは21試合に出場していた [写真]=Getty Images

 セレッソ大阪はGK武田博行とDF温井駿斗の完全移籍による退団を発表した。武田は東京ヴェルディへ、温井は栃木SCへそれぞれ移籍することが公表されている。

 武田は1983年生まれの現在34歳。芦屋高校から、2002年に水戸ホーリーホックに加入し、プロキャリアをスタートさせている。その後は、栃木、ギラヴァンツ北九州を渡り歩き、2017年より東京Vへ期限付き移籍を果たす。今シーズンは、ケガの影響もあり、公式戦の出場はなかった。

 武田は完全移籍に際し、以下のように抱負をコメントしている。

「今シーズンからヴェルディに加入しましたが、怪我で1年間練習もできず、チームに迷惑をかけてしまいました。来シーズンは死ぬ気で1年、初心に戻って頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」

 加えて、同選手はC大阪にも別れの言葉を残した。

セレッソ大阪に関わる全ての関係者の皆様へ、3年間お世話になりました。J1昇格を果たした今シーズン、ルヴァンカップを制覇して初タイトル獲得おめでとうございます」

「今後もどんどんタイトルを獲ることを願っています。自分も負けぬよう精進してまいりますので、応援よろしくお願いいたします」

 温井は1996年生まれの現在21歳。C大阪の下部組織出身で、2016年にトップチームに昇格を果たした。今シーズンは、主にC大阪U-23で活躍し、明治安田生命J3リーグでは21試合に出場している。

 温井は栃木の公式サイトで、以下のように意気込みを述べた。

セレッソ大阪より加入することになりました、温井駿斗です。栃木SCというクラブの一員として戦えることを嬉しく思います。チームのために全力で戦い、貢献できるように頑張りたいと思います」

 また、同選手はユース時代から過ごしたC大阪にもコメントを残している。

「ユース時代からの6年間、セレッソ大阪にはお世話になりました。監督、スタッフ、選手、サポーターの皆様、関わったすべての方々に感謝し、このセレッソ大阪で得た経験を糧に、新天地である栃木SCでも頑張りたいと思います」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA