FOLLOW US

大分、J3得点王のFW藤本と松本のMF宮阪を獲得…GKムンとも契約更新

FW藤本は今シーズン、J3で30試合24得点を記録し、2年連続の得点王に輝いていた [写真]=Getty Images

 大分トリニータは、鹿児島ユナイテッドFCのFW藤本憲明が完全移籍で、松本山雅FCのMF宮阪政樹が期限付き移籍でそれぞれ加入することを発表した。GKムン・キョンゴンとの来季契約更新も併せて公表されている。

 藤本は1989年生まれの現在28歳。名門青森山田高校から、近畿大学に進学し、2012年JFLの佐川印刷に加入している。その後は、佐川印刷京都、SP京都と渡り歩き、2016年より鹿児島に移籍。今シーズンは、明治安田生命J3リーグで、30試合に出場し、24得点と大きな活躍を見せ、2年連続のJ3リーグ得点王に輝いていた。

 藤本は完全移籍に際し、以下のように抱負をコメントしている。

鹿児島ユナイテッドFCから移籍しました藤本憲明です。J3で2年連続得点王になった経験を活かしてJ2でも結果を出せるよう、チャレンジャーとして1から大分で頑張りたいと思います」

大分トリニータでJ1昇格し、J1で優勝できるようになりたいと思います。今年はJ1昇格目指して頑張ります。よろしくお願いします」

 加えて、同選手は鹿児島にも別れの言葉を残した。

鹿児島ユナイテッドFCを応援してくれたサポーターのみなさんには2年間たくさん成長させてもらいました。2年連続得点王は鹿児島ユナイテッドFCに関わってくれたみなさんのおかげでなれたと思っています。みなさんとJ2昇格ができなかった事は悔いが残ります」

「成長できたところ、悔しかったところを上のステージで活かしたいと思います。これからも鹿児島ユナイテッドFCがJ2昇格を果たすことを祈っています。2年間お世話になり、ありがとうございました」

 宮阪も1989年生まれの現在28歳。FC東京の下部組織出身で、明治大学に進学後、2012年にモンテディオ山形でプロ生活をスタートさせた。その後、2016年より松本に移籍。今シーズンは、明治安田生命J2リーグで23試合に出場し、3ゴールを挙げている。

 宮阪は大分の公式サイトで、以下のように意気込みを述べた。

松本山雅FCから来ました宮阪政樹です。チームの勝利のために頑張ります。応援よろしくお願いします」

 加えて、同選手は松本にもメッセージを残している。

「このたび、大分トリニータに移籍することになりました。チームに中々貢献出来ていない中でもアルウィン、かりがねでご声援頂いたこと、本当に感謝しております」

「この2年間で学んだことを活かし、更に成長した姿を見せれるよう頑張ってきます。2年間本当にありがとうございました。One Sou1」

 ムン・キョンゴンは1995年生まれの現在22歳。韓国出身の選手で、2017年より大分に加入している。今シーズンは、J2リーグで出場機会が得られなかった。

 同選手は契約更新に際し、喜びを述べている。

「2018シーズンは必ずチームに役立つように必死に頑張りますし、サポーターの皆様には試合で恩返しできるように頑張ります。来年も応援どうぞよろしくお願いいたします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO