2017.12.26

元日本代表藤本主税氏、熊本のトップチームコーチに就任「監督を全力で支えていく」

藤本主悦
2014年に現役を引退した藤本氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ロアッソ熊本は26日、藤本主税氏がトップチームコーチに就任することが決定したと発表した。

 現在40歳の藤本氏は、1996年にアビスパ福岡に入団。1999年にサンフレッチェ広島に移籍すると、レギュラーとして活躍し、広島の天皇杯準優勝に貢献した。活躍が認められ、2001年に日本代表に選出されると、2002年にはオランダリーグ移籍間近と報じられたが、交渉は破談に終わった。

 その後、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸と渡り歩き、2005年に加入した大宮アルディージャでは約4年間主将を務めていた。大宮との契約満了後、2012年に熊本に加入すると、同クラブでも豊富な経験により、主将としてチームをけん引。またゴール後のパフォーマンスで、中学、高校を過ごした徳島の名物「阿波踊り」を披露し、ファンに親しまれていた。リーグ戦の通算成績はJ1で385試合44得点、J2で戦50試合3得点を記録した。

 2014シーズン限りで現役を引退し、2015年には熊本のジュニアユース監督に就任。今季はジュニア監督兼スクールコーチを務めていた。

 藤本氏は同クラブの公式HPで以下の通りコメントを発表している。

「この度、トップチームコーチのオファーをいただき、緊褌一番の決意を胸に、渋谷監督を全力で支えていく所存です。ロアッソ熊本に関わる全ての方達に、笑顔と勇気を届けられるように頑張ります。みなさんも熱い想いを持って、是非スタジアムまで足を運んでください。応援よろしくお願い致します」

 熊本は9勝10分け23敗、降格圏の21位で今季のJ2を終えたが、J3で初優勝を果たしたブラウブリッツ秋田がJ2ライセンスを持たないため降格は免れていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る