2017.12.21

J1通算400戦出場の鳥栖DF青木剛、熊本へ完全移籍「役割を全うします」

青木剛
熊本への完全移籍加入が決まった青木剛 [写真]=Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 サガン鳥栖に所属する元日本代表DF青木剛が、ロアッソ熊本へ完全移籍で加入することが決まった。20日に両クラブが発表した。

 青木は1982年生まれの35歳。前橋育英高校出身で、2001年に鹿島アントラーズへ加入した。2008年には日本代表に初めて選出され、国際Aマッチ通算2試合出場を記録。加入16年目を迎えた2016年6月、鳥栖への完全移籍加入が発表された。

 今季の明治安田生命J1リーグでは17試合に出場。12月2日に行われた最終節の北海道コンサドーレ札幌戦で89分からピッチに立ち、J1通算400試合出場を達成している。

 完全移籍にあたり、青木は鳥栖に対して以下のようにコメントしている。

「サガン鳥栖から契約更新のありがたい話をもらっていた中で、移籍を決断しました。1年半という期間でしたが、サガン鳥栖では素晴らしい環境、人に恵まれ、充実した感動的な日々を過ごすことができました。皆さんからの声援を受けてスタジアムでプレーし、共に喜び合えたのは、とても幸せな時間でした。本当に感謝しています。これからもサガン鳥栖の発展を祈っています。ありがとうございました」

 そして加入する熊本には以下のようにメッセージを寄せている。

「ロアッソ熊本で新たなチャレンジ、経験をさせてもらえることに、わくわくした気持ちです。チームの勝利に貢献するために、自分の役割を全うします。そして、熊本のファン・サポーター、地域の皆さんに、喜んでもらえるよう誠実に取り組んでいきます」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る