FOLLOW US

長野、鳥取MF河合と秋田GK小澤を獲得…DF松原、DF西口との契約更新も発表

長野に加入した河合(左)、小澤(右)[写真]=J.LEAGUE

 AC長野パルセイロは19日、ガイナーレ鳥取MF河合秀人、ブラウブリッツ秋田GK小澤章人を完全移籍で獲得したことを発表した。また、DF松原優吉、DF西口諒と来季の契約を更新したことも併せて発表している。

 2016年に鳥取に加入した河合は、今季の明治安田生命J3リーグで29試合に出場し、5得点を記録。天皇杯では2試合に出場した。

 加入に伴い、長野の公式HPで以下の通りコメントを発表している。

「この度ガイナーレ鳥取から完全移籍で加入することになりました河合秀人です。AC長野パルセイロという素晴らしいクラブの一員として戦えることを嬉しく思います。J2昇格に向けて自分の持っている力を最大限に発揮し1日でも早くチームに貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

 一方、秋田から加入する小澤は今季J3で17試合に出場。同HPで以下の通りコメントを発表した。

「初めまして!ブラウブリッツ秋田から加入することとなりました小澤章人です。AC長野パルセイロという魅力あるチームで戦えることを嬉しく思います!そして、絶対J2に昇格するという強い覚悟を持って頑張ります。応援よろしくお願いします!」

 また、契約を更新した松原は今季長野でリーグ戦16試合に出場。「来シーズンも長野でプレーさせていただくことになりました。今年は怪我で苦しんだ分、来年はJ2昇格という目標を達成するために、フル稼働で戦います」と抱負を記している。

 リーグ戦13試合に出場し1得点を挙げた西口は「来シーズンもAC長野パルセイロの選手としてプレーさせて頂くことに感謝しております。怪我で迷惑をかけ、悔しい思いした分、来季こそはしっかり貢献できるように頑張ります!よろしくお願いします」とコメントを発表した。

 長野は13勝11分け8敗の5位で今季のJ3を終えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO