FOLLOW US

鹿島FW垣田裕暉、金沢への期限付き移籍延長…今季公式戦35試合出場

今季は金沢で公式戦35試合に出場した垣田裕暉 [写真]=Getty Images for DAZN

 鹿島アントラーズから育成型期限付き移籍で加入しているFW垣田裕暉の移籍期間が延長となり、来季もツエーゲン金沢でプレーすることが決まった。新たな移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日まで。両クラブが14日に発表している。

 垣田は1997年生まれの20歳。鹿島の下部組織出身で、2016年にトップチームに昇格した。1年目の昨季は明治安田生命J1リーグで3試合、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で2試合に出場。今季は金沢に加入し、明治安田生命J2リーグで全42試合中32試合に出場して3ゴール、天皇杯では2試合に出場した。

 期限付き移籍期間延長にあたり、垣田は金沢の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「チームの勝利のためにたくさんゴールを決めたいと思います!!ご声援よろしくお願いします!!」

 そして所属元の鹿島に対しては以下のようにコメントしている。

「来シーズンも金沢でプレーすることになりました。成長してアントラーズに帰ってきますので、引き続きご声援よろしくお願いします」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA