FOLLOW US

大宮の高瀬優孝、熊本へ完全移籍…昨季から群馬でプレーの26歳

ロアッソ熊本が高瀬優孝を獲得した

 大宮アルディージャからザスパクサツ群馬へ期限付き移籍中のDF高瀬優孝が、ロアッソ熊本へ完全移籍で加入することが決まった。3クラブが12日に発表している。

 高瀬は1991年生まれの26歳。中央大学から2014年に大宮アルディージャへ加入し、2016年からは群馬へ期限付き移籍で加入していた。今季は明治安田生命J2リーグで6試合に出場。キャリア通算ではJ1で2試合、J2で40試合出場1ゴールを記録している。

 期限付き移籍期間満了にあたり、高瀬は群馬の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「今年はなかなかチームに貢献できず、悔しいシーズンでした。そんな中でも、ケガをして離脱していた時期にも支えていただいた、クラブとファン・サポーターの皆さまには本当に感謝しています。ザスパは間違いなく僕を成長させてくれたクラブです。そんなクラブを離れるのは辛いですが、ここで得た経験を新天地で生かしたいと思います。2年間ありがとうございました!」

 そして所属元の大宮に対しては以下のようにコメントしている。

「昨年、今年と、移籍先でケガをした僕のことをサポートしてくれたクラブには、本当に感謝しています。来シーズン、僕にとって地元であるNACK5スタジアム大宮で、成長した姿を見せることが恩返しだと思っています。復帰を待っていてくださったファン・サポーターの皆さまには申し訳ない気持ちですが、また新たなチームで成長して活躍したいと思います。ありがとうございました!」

 さらに、加入する熊本には以下のようにコメントしている。

「来シーズンからロアッソ熊本でプレーすることになりました高瀬優孝です。僕を評価し、必要としてくれたチームに感謝しています。いただいたチャンスに、しっかり結果で応えたいと思います。ファン・サポーターの皆さん、よろしくお願いします!」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO