FOLLOW US

「ファンのために戦うと決めた1年だった」J1復帰の名古屋MF田口がホッと一息

J1昇格を決めた名古屋のMF田口泰士 [写真]=Getty Images

 名古屋グランパスのMF田口泰士はホッとしたようだ。

 12月3日、J1昇格PO(プレーオフ)が行われ、名古屋グランパスとアビスパ福岡が対戦した。引き分け以上で名古屋の昇格が決まる同試合はスコアレスドローで終わり、名古屋が降格から1年で明治安田生命J1リーグ復帰を決めた。

 試合後、インタビューに応じた田口はまず「ホッとした」と語ると、試合について次のように振り返った。

「向こうも勝たないといけない状況だったし、圧力をかけてきたけど、そこをしっかり守れた。まあ、0-0という結果だけど、それ以上に価値のあるものだし、良かったと思います。自分たちが出せた部分もあったし、相手の方がやりたいことができている時間もあったけど、本当にいい試合だったと思います。お互いに」

 試合途中で足を引きずっていた場面について問われると「もう最後だからね。きつかったですけど」と答え、気合で乗り切ったことを明かした。

 また、試合後に見せた涙については「ファン・サポーターの人たちのために戦うと決めた1年だったから、こうやって結果を残せたのはうれしかったです」と語った。

 最後に、今シーズンのJ2やプレーオフでの戦いについては「初めての経験。それを生かすのは来年以降だと思います」とコメントを残した。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA