FOLLOW US

「優勝するために来た」…今季新加入の家長昭博、川崎初栄冠の立役者に

優勝の立役者となった家長昭博 [写真]=瀬藤尚美

 川崎フロンターレが逆転で2017明治安田生命J1リーグ優勝を果たした。

「チャレンジを求めて川崎に来たので、自分の中では挑戦だった」と語ったのは、今季大宮アルディージャから加入した家長昭博。前半戦は負傷に苦しんだが、夏場以降からはスタメンに定着し、右サイドのポジションを確固たるものにした。「優勝できたことが一番ですし、優勝するために来たので。もう、そこだけじゃないですかね」とクラブ初栄冠に胸を撫で下ろした。

 今季の最終成績は21勝9分け4敗。第32節以降は“負ければ終了”というプレッシャーの中、しっかりと勝ち点3を上積みしてきた。「今年は負けたあと、引き分けたあとに立ち上がることができていたので、それが鹿島へのプレッシャーになったと思います。ここまでもつれることができたので、最後に等々力なら勝てる自信はありました」とコメント。優勝の要因については「最後まで粘り強くやれたこと」を挙げた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA