2017.12.02

村井チェアマンが初優勝の川崎を祝福「悔しさを栄光に変える強さがあった」

川崎フロンターレ
数々の悔しさを乗り越え、悲願の優勝をつかんだ川崎フロンターレ [写真]=JL/Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 Jリーグの村井満チェアマンが、2017明治安田生命J1リーグを制した川崎フロンターレに祝福の言葉を贈った。

 2位で最終節を迎えた川崎はホームで大宮アルディージャに5-0と大勝した。一方、2ポイント差で首位に立っていた鹿島アントラーズがジュビロ磐田とのアウェイゲームをドローで終えたことで、両者の勝ち点はともに72に。得失点差で大きく上回る川崎がクラブ史上初タイトルを勝ち取った。

 村井氏はJリーグ公式サイトを通じてつぎのように祝福した。

「タイトルを目前に涙をのむ姿を幾度も見てきましたが、今年の川崎フロンターレにはその悔しさを輝かしい栄光への推進力に変える強さがありました。最終節での鮮やかな逆転優勝に、多くのJリーグファンが心を打たれたことと思います。待望のクラブ初タイトルの獲得を心からお祝い申し上げます」

「チームの大黒柱である中村憲剛選手の高い水準のプレーは川崎フロンターレの魅力の一つですが、成長著しい若い選手の活躍も大いなる原動力となったことでしょう。鬼木達監督は、長年にわたり川崎フロンターレを支え続けた経験を遺憾なく発揮され、初采配ながら見事な手腕を発揮されました」

「来季はタイトルホルダーとしてシーズンを戦いますが、Jリーグの枠にとどまらず、ピッチの内外でアジアそして世界において存在感を放つクラブに成長してほしいと思います」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る