FOLLOW US

新潟4連勝、“ミスターアルビ”が有終の美…不発のC大阪・杉本は得点王逃す

杉本健勇が不発、ホニのゴールで新潟が勝利 [写真]= JL/Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ最終節が2日に行われ、アルビレックス新潟セレッソ大阪が対戦した。

 試合が動いたのは77分。新潟がカウンターを仕掛け、ホニが抜け出してGKと1対1になると、落ち着いてゴールに流し込んだ。

 88分、現役引退を表明している“ミスターアルビレックス”本間勲がピッチに立つ。結局新潟がそのまま逃げ切り1-0で勝利。J2への降格は決まっているが、4連勝でシーズンを終えた。

 また得点ランキングトップを走っていた杉本健勇はノーゴール。川崎フロンターレの小林悠が3ゴールを決めたため、得点ランキング2位に転落し、得点王のタイトルを逃した。

【スコア】
アルビレックス新潟 1-0 セレッソ大阪

【得点者】
1-0 77分 ホニ(アルビレックス新潟

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA